コーナー

「王位戦・女流王位戦」

「王位戦・女流王位戦」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

2019 9/27 6:00
文化

46歳木村 新王位 最年長

木村一基・新王位

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦していた第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の最終第7局は26日、東京都千代田区の都市センターホテルで指し継がれ、午後6時44分、後手番の木村が110手で勝ち、対戦成績4勝3敗で初の王位を獲得した。 木村は46歳3カ月での初タイトル獲得となり、有吉道夫九段が持つ最年長記録(37歳6カ月)を大幅に更新した。

2019 9/27 6:00
文化

【ひと】将棋の第60期王位戦で初タイトルを獲得した 木村一基(きむら・かずき)さん

木村一基さん

 「良い内容で勝てて良かった」。26日、東京都内で指し継がれた将棋の第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の最終局に勝ち、悲願の初タイトルを獲得した。

2019 9/27 6:00
文化

木村、完璧指し回し 初タイトル 王位戦

終局後、対戦の感想を話す木村一基新王位(左)=26日午後6時50分ごろ、東京都千代田区

 「究極の矛と盾」の対決は、若き第一人者の攻めを受け止めた「受け師」に軍配が上がった。26日、東京都内で指し継がれた将棋の第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局。

2019 9/26 11:38
文化

王位戦第7局 封じ手7四桂で再開 両者棋風通りの展開に

豊島将之王位(左)が読み上げられた封じ手を指して再開した王位戦第7局。右は木村一基九段=26日午前9時ごろ、東京都千代田区

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の最終第7局は26日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで再開し、指し継がれた。 前日の手順が再現された後、立会人の塚田泰明九段が豊島の封じ手「7四桂」(71手目)を示し、2日目の対局が始まった。

2019 9/26 6:00
文化

再び角換わりで激突 王位戦第7局

立会人の塚田泰明九段(手前右)に封じ手の封筒を手渡す豊島将之王位(左)。右奥は挑戦者の木村一基九段=25日午後6時すぎ、東京都千代田区

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑む第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局が25日、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、午後6時、先手番の豊島が71手目を封じて1日目の対局を終えた。 両者3勝3敗の最終局。

2019 9/25 11:03
社会文化

王位戦第7局 最終局は角換わりに

豊島将之王位(左)の先手で始まった王位戦第7局。右は木村一基九段=25日午前9時、東京都千代田区

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦する第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局が25日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで始まった。 豊島の2連勝で始まった今シリーズは、木村が2連勝を返して追い付いた後、豊島、木村の順に勝って、両者3勝3敗で最終決戦を迎えた。

2019 9/23 20:02
文化

豊島初防衛か、木村初タイトルか 24日から将棋・王位戦最終第7局 

木村一基九段(左)と豊島将之王位

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局が25、26日、東京都千代田区の都市センターホテルで指される。 両者3勝3敗のタイで迎えた最終局。

2019 9/11 6:00
文化

木村が勝ち最終局へ 王位戦第6局

王位戦第6局を制し、感想戦で対局を振り返る木村一基九段=10日午後7時29分、神奈川県秦野市(撮影・中村太一)

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局は10日午前9時、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で指し継がれ、午後7時1分、先手番の木村が119手で勝った。両者3勝3敗のタイとなり、決着は最終局に持ち越された。

2019 9/10 10:40
文化

7六歩から豊島猛攻 王位戦第6局2日目

立会人の先崎学九段(右端)から封じ手を示され、対局を再開する豊島将之王位(手前左)と木村一基九段(右から2人目)=10日午前9時ごろ、神奈川県秦野市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局は10日午前9時、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で再開し、指し継がれた。 両対局者が前日の指し手を再現した後、立会人の先崎学九段が豊島の封じ手(36手目)を開いて「7六歩」と読み上げ、2日目の対局に入った。

2019 9/10 6:00
文化

豊島が長考で封じ手 王位戦第6局

立会人の先崎学九段(右)に封じ手を渡す豊島将之王位(手前左)。右から2人目は木村一基九段=9日午後6時6分、神奈川県秦野市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局が9日、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で始まり、午後6時、後手番の豊島が36手目を封じて1日目の対局を終えた。 豊島が3勝2敗で初防衛に王手をかけた大一番。

2019 9/9 10:35
社会文化

三たび相掛かりに 王位戦第6局始まる

木村一基九段(右)の先手で始まった王位戦第6局。左は豊島将之王位=9日午前9時、神奈川県秦野市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局が9日、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で始まった。 豊島が3勝2敗で初防衛に王手をかけた大一番。

2019 9/8 6:00
社会文化

あすから王位戦第6局

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局が9、10の両日、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で指される。 第5局で豊島が勝ち、3勝2敗で初防衛に王手をかけて迎える第6局。

2019 8/29 6:00
文化

豊島が初防衛王手 王位戦第5局

感想戦で対局を振り返る豊島将之王位=28日午後6時前、徳島市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第5局は28日午前9時から徳島市の渭水苑(いすいえん)で指し継がれ、午後5時16分、先手番の豊島が131手までで勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛に王手をかけた。 角換わり腰掛け銀の戦型から早々と戦いが始まった本局。

2019 8/28 11:21
社会文化

中盤の難解な攻防が続く 将棋・王位戦第5局2日目

対局を再開する豊島将之王位(左)と木村一基九段=28日午前9時ごろ、徳島市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第5局は28日午前9時、徳島市の渭水苑(いすいえん)で再開し、指し継がれた。 両対局者が指し掛けの局面を再現した後、立会人の谷川浩司九段が豊島の封じ手(83手目)を開き「2四歩」と読み上げて2日目の対局に入った。

2019 8/28 6:00
文化

勝負手に長考56分 封じ手 王位戦第5局

立会人の谷川浩司九段(右)に封じ手を渡す豊島将之王位(左)。奥は木村一基九段=27日午後6時18分、徳島市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第5局は27日午前9時から徳島市の渭水苑(いすいえん)で始まり、午後6時13分、豊島が83手目を封じて1日目を終えた。 2勝2敗で迎えた注目局は、今シリーズ初の角換わり腰掛け銀の戦型になった。

2019 8/27 11:33
社会文化

王位戦第5局 角換わり腰掛け銀に

豊島将之王位(左)の先手で始まった期王位戦第5局。右は木村一基九段=午前9時、徳島市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第5局が27日午前9時、徳島市の渭水苑(いすいえん)で始まった。 第4局の相入玉の激戦を木村が制し、2勝2敗のタイに戻しての一戦。

2019 8/22 6:00
文化

木村、激闘の末2勝目 王位戦第4局

王位戦第4局を制して感想戦で対局を振り返る木村一基九段=21日午後9時18分、神戸市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は21日、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で指し継がれ、午後9時12分、先手番の木村が285手までで勝利し、対戦成績2勝2敗とタイに戻した。 持ち時間各8時間のうち、残り時間は木村4分、豊島1分。

2019 8/21 10:51
社会文化

王位戦第4局 木村、端攻めに転じる

立会人の久保利明九段(右)から封じ手が示され、対局を再開する木村一基九段(左)と豊島将之王位(右から2人目)=21日午前9時ごろ、神戸市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は21日午前9時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれた。 両対局者が前日の棋譜を再現した後、立会人の久保利明九段が木村の封じ手(45手目)を開封。

2019 8/21 6:00
文化

自陣角に長考封じ手 王位戦第4局

立会人の久保利明九段(右)に封じ手を渡す木村一基九段(左)。右奥は豊島将之王位=20日午後6時すぎ、神戸市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局が20日午前9時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で始まり、午後6時、手番の木村が45手目を封じて1日目の対局を終えた。 豊島2勝、木村1勝で迎えた第4局。

2019 8/20 11:37
社会文化

戦型は相掛かりに 将棋・王位戦第4局

王位戦第4局で初手を指す木村一基九段(左)。右は豊島将之王位=20日午前9時、神戸市

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局が20日午前9時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で始まった。 豊島が3勝目を挙げて初防衛へ王手をかけるか、木村が2勝2敗としてタイに戻すか、シリーズの流れを決める重要な一局。

PR

PR

注目のテーマ