詰まらない話
連載

「詰まらない話」

「オヤジギャグ棋士」と呼ばれる福岡市在住の豊川孝弘七段が、棋士仲間との交遊録や対局の裏話をユーモラスにつづる連載随筆。羽生・ア・ナイスデー!

2021 9/9 17:30
文化

羽生・ア・ナイスデー!【詰まらない話 豊川孝弘50】

詰まらない話

 思いもかけずエッセーを執筆させていただくことになり、かなり戸惑ってしまった。このようなエッセーを書いたことは一度もなく、僕は全くのド素人だったのだ。

2021 9/8 17:30
文化

大山先生【詰まらない話 豊川孝弘49】

詰まらない話

 過去に2人の将棋指しの先生がこちらでエッセーを書いているが、芹沢先生に続いてもうお一人が大山康晴十五世名人である。 僕は残念ながら、直接大山先生と対戦させていただいたことはない。

2021 9/7 17:30
文化

芹沢先生【詰まらない話 豊川孝弘48】

詰まらない話

 僕は運よく西日本新聞にエッセーを書かせていただいているが、過去に将棋界でも2人の先生が本欄にエッセーを書かれていた。そのうちのお一人が故芹沢博文九段である。

2021 9/6 17:30
文化

かばんの中身【詰まらない話 豊川孝弘47】

詰まらない話

 僕の持ち歩いている荷物は異常に重いようだ。奨励会という将棋の修業時代から筋トレに励んでいたためか、重い荷物が全く苦にならないのだ。

2021 9/3 17:30
文化

写真【詰まらない話 豊川孝弘46】

詰まらない話

 将棋関係の撮影で写真を撮られることがまれにある。頑張ってどうなるというわけでもないのだが、やはりカメラを向けられると少しでもよく写りたいと、顔に緊張を走らせ得意の筋肉を動かして笑顔を作り、自分なりの些細(ささい)な努力をしてしまう。

2021 9/2 17:30
文化

カラオケ【詰まらない話 豊川孝弘45】

詰まらない話

 今から10年ほど前になるが、福岡に家族で越してきてしばらくの間、僕は東京の杉並区にある阿佐ケ谷という場所で、ひとり仮住まいをしていた時期がある。

2021 9/1 17:30
文化

目の手術【詰まらない話 豊川孝弘44】

詰まらない話

 先日、目の手術をした。 今から10年ほど前だっただろうか、僕は目の手術をしていたのだが、そのうちの左目の眼内レンズが落ちてしまったようだ。

2021 8/31 17:30
文化

けが【詰まらない話 豊川孝弘43】

詰まらない話

 自転車に乗っていて転んでしまった。自ら転ぶ車とはよく言ったものである。

2021 8/30 17:30
文化

手つき【詰まらない話 豊川孝弘42】

詰まらない話

 コロナ禍ということもあり、ネット将棋が盛況だ。皆さんもアプリをダウンロードし、スマホなどで将棋を楽しまれていることと思う。

2021 8/27 17:30
文化

宿題【詰まらない話 豊川孝弘41】

詰まらない話

 子供たちにとって楽しい夏休み。僕の中では「自由研究」「読書感想文」「絵日記」が夏休みの三大苦行だったわけだが、おそらく皆さんもそうであろう。

2021 8/26 17:30
文化

歩く【詰まらない話 豊川孝弘40】

詰まらない話

 僕はプロの将棋指しなので、月に何度か対局という名の将棋の勝負をしている。さまざまな棋戦があって、どの対局にも参加させていただいているのだ。

2021 8/25 17:30
文化

席主【詰まらない話 豊川孝弘39】

詰まらない話

 将棋を指す。というと今はネット将棋がメインだろうか…。

2021 8/24 17:30
文化

練習対局【詰まらない話 豊川孝弘38】

詰まらない話

 とある休みの日に、ふと弟子と将棋を指してみようと思いついた。緊急事態宣言下で自粛要請もあり、奨励会の対局に参加できなくなっていた弟子のことが、ずっと気になっていた。

2021 8/23 17:30
文化

弟子【詰まらない話 豊川孝弘37】

詰まらない話

 プロの将棋指しになってだいぶ長くなった。将棋人生の中で、弟子を取るという話をいただいたりしたが、最初はどうしても弟子を取ることができなかった。

2021 8/20 17:30
文化

験担ぎ【詰まらない話 豊川孝弘36】

詰まらない話

 どんな世界でも、勝負事にはやはり「運」という要素は欠かせないものである。もちろん僕の所属する将棋の世界でも、やはり運は必要である。

2021 8/18 17:30
文化

ニックネーム【詰まらない話 豊川孝弘35】

詰まらない話

 将棋指しには、おのおのニックネームのようなものがついている。福岡出身の佐藤天彦九段は、所作や雰囲気などから「貴族」と呼ばれ愛されている。

2021 8/17 17:30
文化

タイトル戦の楽しみ方【詰まらない話 豊川孝弘34】

詰まらない話

 タイトル戦に出場するということは、棋士にとって最高の名誉である。当然、勝負に対する気合の入りようも違ってくるはずだ。

2021 8/13 17:30
文化

勝負飯【詰まらない話 豊川孝弘33】

詰まらない話

 対局中の将棋飯ならぬ勝負飯が、思いのほか注目されるようになった。中でも、タイトル戦の合間に食べる藤井聡太二冠の食事風景は、将棋内容だけにとどまらず「観(み)る将」にとっても注目が高いようである。

2021 8/12 17:30
文化

王位戦【詰まらない話 豊川孝弘32】

詰まらない話

 今年も「お~いお茶杯王位戦」7番勝負の第4局が、九州は佐賀の嬉野温泉「和多屋別荘」で開催されることとなった。僕は、和多屋別荘には何度か訪れたことがある。

2021 8/11 17:30
文化

睡眠【詰まらない話 豊川孝弘31】

詰まらない話

 人生100年時代と言われるようになった。価値観も多様化され、ますます考える力が必要になってきている。

PR

PR