軍国少年日記
連載

「軍国少年日記」

太平洋戦争末期の1945年、14歳の少年だった竹村逸彦さん(福岡県久留米市出身)が書いた日記を紹介します。

2020 8/31 17:30
福岡

さらば 悪夢の一年よ【軍国少年日記】

朝鮮半島からの復員兵を満載して博多港に接岸する旧日本軍の上陸用舟艇=1945(昭和20)年10月

 三時過ぎ、辰己と自じ轉てん車しゃで米兵をみに市役所前に行ったら、ジープの中に米兵が一人ゐたので、話しかけてみた。色いろ々いろと口で尋ねてみたが、相手の言ふことが通じなかったから、後は筆談した。

2020 8/30 17:30
福岡

米兵は腹がすはってゐるなあ【軍国少年日記】

久留米市で唯一のデパートで、竹村さんもよく通った「旭屋」。後に久留米井筒屋となり、現在は久留米シティプラザが建設中=1951(昭和26)年撮影

 今日九時半より屋上にて始業式。後、大掃除。

2020 8/29 17:30
福岡

B29…実に大きく堂々としてゐる【軍国少年日記】

米軍のB29爆撃機

 今日は、B29が昨日の1/2位の高度でとんだ。二階から見たので、よく見えたが、実に大きく堂々としてゐる。

2020 8/25 17:30
福岡

P38上空を通過し、皆々涙【軍国少年日記】

ノートにびっしりつづられた竹村さんの日記

 今日より(六時から)聯合國の飛行機が偵察を開始する。作業中、P38二十數じゅ機上空を通過す。

2020 8/23 17:30
福岡

久しぶりに砂糖水をのんで【軍国少年日記】

竹村さんが西国分国民学校(現西国分小)6年のときの集合写真

 一体、何箇月目だらうか、砂糖の配給があった。久しぶりに砂糖水をのんで美お味いしかった。

2020 8/22 17:30
福岡

動員學徒解散式が終わった【軍国少年日記】

竹村さんが学徒動員で着用していた腕章

 今日より再び學校。大詔奉ほう讀どく・校長訓話及び今日以後の処置につき話しがあった後、日本ゴムの事務所前にて動員學徒解散式、式終わった後、運動靴の配給あり。

2020 8/19 17:30
福岡

麥粉がリヤカー一台二十円に【軍国少年日記】

古びて変色した竹村さんの日記の表紙

 休み。 鳥栖の製粉會かい社しゃか何かで、麥むぎ粉こをリヤカー一台二十円で分けてくれるらしい、といふので、母は朝三時頃から出かけた。

2020 8/18 17:30
福岡

久留米にも敵兵がもうやって來るだらう【軍国少年日記】

米軍機がまいたとみられる空襲予告のビラ。日本列島の上で、米兵と、対日参戦したソ連兵が握手をしている。竹村さんが久留米で拾ったもの

 休み。 福岡には、まだ一兵たりとも上陸してゐないさうだ。

2020 8/17 17:30
福岡

明治通りは、お祭りみたいな避難民だ【軍国少年日記】

戦時中を振り返る竹村逸彦さん

 學校でみんなのうはさしてゐるところによると、博多に敵が上陸したとのこと。さういへば、福岡から避難民がぞろぞろ來きてゐる。

2020 8/16 17:30
福岡

あゝ日本は敗戰國になったのか【軍国少年日記】

復興が進む久留米市街地=1951(昭和26)年撮影

 今日まで休み。もう戰せん爭そうは終結したのだから、今まで、あれ程ほど激しかった空襲がふっつりとなくなって、なんとなく淋さびしいやうな気がする。

2020 8/15 17:30
福岡

山本君が「日本は無条件降伏したげな」【軍国少年日記】

終戦を伝える1945(昭和20)年8月15日付の西日本新聞

 朝起きてみたら猪口さんが來きて、となりに寝てゐた。 今日は休みである。

2020 8/14 17:30
福岡

東の三疊の間を僕の部屋に【軍国少年日記】

竹村さんが戦時中に使っていた筆箱

 一いっ旦たん、學がっ校こうに集合したが、今日は休みとのことで引返した。なほ明日、明後日も休みである。

2020 8/13 17:30
福岡

大家さんの福田さんが罹災した【軍国少年日記】

米軍機がまいたとみられる空襲予告ビラの裏面。旧ソ連の参戦や「ヒトラーの末路」を書き連ね、降伏を促している。竹村さんが久留米で拾ったもの

 八時半起床。十一時、福田さんの畑の人にん參じん・ごぼう掘りをした。

2020 8/12 17:30
福岡

ロッキード双胴機七機、驛の方を銃爆撃【軍国少年日記】

米軍機が放ったとみられる機銃弾の薬きょう(左2本)と銃弾。竹村さんが久留米で拾った

 一いっ旦たん學がっ校こうに行ってみたが、都合で工場へ行かず、歸かえってよかった。銃器庫の燒やけ跡から擬製彈だん十數すう発ひろった。

2020 8/11 17:30
福岡

魔翼遂に我が久留米を襲ふ【軍国少年日記】

1996年8月11日の西日本新聞朝刊。久留米空襲に関して謎だった米軍の作戦概要を伝えた

 魔翼遂ついに我わが久留米を襲ふ。 工場へならんで行く途中、空襲警報発令され、我々は直ただちにとって返して、校内行あん在ざい所しょに待避した。

2020 8/10 17:30
福岡

空襲警報解除、山本君と工場へ【軍国少年日記】

竹村さんが学徒動員で通った工場に入るための通門証

 九時の空襲警報で、僕はうちに歸かえった。警戒警報の解除は十四時過ぎだったが、空襲警報解除で、工場へもどらなくてはならないかもしれないと思って、自じ轉てん車しゃで工場へ行ってみたら、一人働いてゐたので、すぐ引きかへして、山本君と工場へ行って、三十分位くらい働いて歸った。

2020 8/9 17:30
福岡

長崎に「新型爆弾」が落ちた日【軍国少年日記】

1945(昭和20)年8月10日の西日本新聞。1面トップはソ連の対日宣戦布告。長崎原爆については「新型爆弾」の表現を初めて使っている

 工場についてから、警報が何度もあったので、一度學がっ校こう待避し、一度外での待避をし、ちゃうど正午だったので、松尾君の家で辨べん當とうを食べた。工場待避二度。

2020 8/8 17:30
福岡

戰闘機數機來襲し、盛んに掃射す【軍国少年日記】

空襲で使われた爆弾の破片。竹村さんが久留米で拾ったもの

 今日は母の一周忌である。で工場は忌引として缺けっ席せきす。

2020 8/7 17:30
福岡

肩のやけどに、ゴム板が落ちて皮がむける【軍国少年日記】

戦後の日華ゴム工場での地下足袋縫い付け作業=1950(昭和25)年撮影

 今朝は警報が出なかったので、ぐっすりねむれた。 十二時頃、敵味方不明の大型機三十一機北上し、直ちに南下す。

2020 8/6 17:30
福岡

腹痛で缺席する者が多い【軍国少年日記】

戦時中を振り返る竹村逸彦さん

 人々のいふところによると、きのふは佐賀の南東の諸富といふ所が爆撃をうけたさうだ。 今日より再び出席。

PR

PR

注目のテーマ