提論
コーナー

「提論」

地域の自立、アジアを展望した発展の道筋について、九州に住むわたしたちはどのように向き合い、考えていけばよいのか。郷土ゆかりの著名人・有識者が課題を読み解き、今後の展望を描く。

2021 10/4 6:00
社説・コラム

低投票率の遠因考…学生に政治参加のレッスンを

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 選挙の度(たび)に問題になるのが、投票率の低さである。 投票日が迫ると、様々(さまざま)な呼びかけが行われるが、なかなか効果は上がらない。

2021 9/27 6:00
社説・コラム

【自民党総裁選に思う】藻谷浩介さん

藻谷 浩介(もたに・こうすけ)さん=日本総合研究所調査部主席研究員

 一歩前を忘れ、半歩先を考えない。くるくる変わる「今の空気」に、ついつい踊ってしまう。

2021 9/20 6:00
社説・コラム

【オリ・パラは「世界の窓」】鯉川なつえさん

鯉川 なつえ(こいかわ・なつえ)さん=順天堂大教授

東京オリンピック・パラリンピックが閉幕した。成功だったか、失敗だったかは、視点によって異なるだろう。

2021 8/30 6:00
社説・コラム

【譲る力】松田美幸さん

松田美幸(まつだ・みゆき)さん=九州先端科学技術研究所特別研究員

 巨額の私財を投じた民間人の宇宙飛行成功が続けて報じられた。新たな技術開発とその応用への期待が広がる一方で、富の偏在を象徴する出来事として批判的な声も聞かれる。

2021 8/23 6:00
社説・コラム

【「沖縄戦の図」は語る】関根千佳さん

関根 千佳(せきね・ちか)さん=ユーディット会長、同志社大客員教授

 沖縄県宜野湾市に、「佐喜眞(さきま)美術館」がある。普天間飛行場に隣接した場所だ。

2021 8/9 6:00
社説・コラム

【深刻化するコロナ禍】姜尚中さん

姜 尚中(カン・サンジュン)さん=熊本県立劇場館長

文豪・夏目漱石は何事につけて「さう旨(うま)くは行かないよ」が口癖のようだったらしい。何事も懐疑的でどこか冷めた眼差(まなざ)しで眺めていた漱石らしい発言である。

2021 8/2 6:00
社説・コラム

【緊急事態宣言下の五輪】平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 スポーツの世界戦のあとには、「元気をもらった」といった類いの言葉がよく聞かれる。競技者の一番の目的は、試合に勝つことだろうが、しかし、誰からも見向きもされないのであれば虚(むな)しく、表彰台の栄光は、やはり「シェア」されるべきものであろう。

2021 7/26 6:00
社説・コラム

【五輪と感染第5波】 藻谷浩介さん

藻谷 浩介(もたに・こうすけ)さん=日本総合研究所調査部主席研究員

 東京五輪が開幕した。しかし九州の皆さんも、東京にいる筆者も、画面で映像を見るだけなのには変わりはない。

2021 7/19 6:00
社説・コラム

【近くて遠い東京五輪】鯉川なつえさん

鯉川 なつえ(こいかわ・なつえ)さん=順天堂大教授

 国民の多くから反対意見が出ている東京五輪が、間もなく始まる。反対理由は「コロナ対策が不十分だから」にほかならない。

2021 6/28 6:00
社説・コラム

【みんなの男女共同参画】松田美幸さん

松田美幸(まつだ・みゆき)さん=九州先端科学技術研究所特別研究員

 毎年6月、女性活躍・男女共同参画を推進するための政府の重点方針が発表される。各官庁の次年度予算概算要求への反映を図るものだが、今年度の方針では、「コロナ対策の中心に女性を」というテーマを掲げるとともに、構造的な問題に取り組むことが強く打ち出された。

2021 6/21 6:00
社説・コラム

【鉄道のUD】関根千佳さん

関根千佳(せきね・ちか)さん=ユーディット会長、同志社大客員教授

 鉄道が好きだ。子供のころは、長崎の旧国鉄・北佐世保駅そばで蒸気機関車が来るのを待っていた。

2021 6/7 6:00
社説・コラム

【五輪開催の非常識】 姜尚中さん

姜 尚中(カン・サンジュン)さん=熊本県立劇場館長

 いよいよと言うべきか。今月、東京五輪の日本選手団へのワクチン接種が始まり、オーストラリア選手団も日本入りして、開催不可避の既成事実が積み重ねられつつある。

2021 5/31 6:00
社説・コラム社会文化

【格差社会と仮想空間】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 先頃、刊行した長編小説『本心』では、2040年代の日本を舞台にした。現実的な問題として、私も属するロスジェネ世代が高齢者となり、自分の子の世代が社会の中心で活躍する未来を心配しながら想像しているからだった。

2021 5/24 6:00
政治社会社説・コラム

【「全集中」し五輪開催を】 藻谷浩介さん

藻谷 浩介(もたに・こうすけ)さん=日本総合研究所調査部主席研究員

 新型コロナウイルス第4波が襲来してしまった。同じ失敗が、次第に程度をひどくしながら繰り返されることに、いいかげん倦(う)んできた方も多いだろう。

2021 5/17 6:00
スポーツ社説・コラム

【睡眠とスポーツ考】鯉川なつえさん

鯉川 なつえ(こいかわ・なつえ)さん=順天堂大教授

 春眠暁を覚えず-。春の夜は眠り心地がよく、朝が来たことにも気付かず寝過ごしてしまうという意味である。

2021 5/3 6:00
福岡社説・コラム国際

【厄災下のカナダ移民対策】松田美幸さん 

松田美幸(まつだ・みゆき)さん=九州先端科学技術研究所特別研究員

 「だって2015年だから」。カナダのトルドー首相が就任後、閣僚を男女同数にした理由を問われて返した名言だ。

2021 4/26 6:00
社説・コラム

【選択的夫婦別姓を考える】関根千佳さん

関根千佳(せきね・ちか)さん=ユーディット会長、同志社大客員教授

 万年筆のCMで、親が子どもの名前をせっせと書いている。「名前は一番短いラブレター」という言葉が印象的だ。

2021 4/19 6:00
社説・コラム

【米中対立と日本】姜尚中さん

姜 尚中(カン・サンジュン)さん=熊本県立劇場館長

 先週末に米国で日米首脳会談が開かれ、日米両国のまれに見る蜜月関係を世界に印象付けるように共同声明が発信された。 新型コロナウイルス禍にもかかわらず、米新大統領と対面で会談に臨んだ最初の外国首脳が菅義偉首相であることからも分かるように、米国の日本重視の姿勢は際立っている。

2021 4/5 6:00
社説・コラム

【東京五輪と感染症】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 五輪の放送権を持つアメリカのNBCが、聖火リレーを痛烈に批判したことが話題となっている。 「新型コロナ・ウイルスのパンデミックの最中、聖火リレーは、五輪の虚飾の祭壇上で、公衆衛生を犠牲にする危険を冒している。

2021 3/29 6:00
社説・コラム

【ワクチンは万能か】 藻谷浩介さん

藻谷 浩介(もたに・こうすけ)さん=日本総合研究所調査部主席研究員

 新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が22日、首都圏1都3県でも解除された。菅義偉首相は記者会見で「感染拡大を二度と起こしてはいけない」と語ったが、「リバウンドは必至」とみる専門家は多い。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR