中村哲医師 その歩み
まとめ

「中村哲医師 その歩み」

戦乱や干ばつで荒廃したアフガニスタンやパキスタンで、多くの市民とともに人道・復興支援の歩みを進め、2019年12月4日にアフガンで凶弾に倒れた中村哲医師(「ペシャワール会」現地代表)。“一隅を照らす”行動を続けた意志の継承とペシャワール会支援の思いを込めて、足跡をたどります。

2020 8/11 18:33
佐賀社会

新種ハエに「ナカムラテツ」と命名 功績後世に 佐賀大研究グループ

中村哲医師の名前を冠した新種タマバエの雌の成虫(徳田誠准教授提供)

 昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師の功績を後世に伝えようと、新種のタマバエの学名に「Massalongia nakamuratetsui」(マッサロンジア・ナカムラテツイ)と付けられた。和名は「ミズメタマバエ」。

2020 8/11 17:32
科学・環境

昆虫の新種、中村哲氏ちなむ名に

 佐賀大農学部などの研究チームが発見し、「Massalongia nakamuratetsui」と名付けた「タマバエ」の新種(徳田誠准教授提供)

 佐賀大農学部などの研究チームは11日、佐賀県太良町の多良岳で2018年に発見した「タマバエ」の新種を、アフガニスタンで昨年殺害された医師の中村哲さんにちなみ、「Massalongia nakamuratetsui」と名付けたと発表した。和名は「ミズメタマバエ」。

2020 8/4 15:47
国際

「中村さんの遺志継ぐ」と大統領

 アフガニスタンのガニ大統領(右)から市民証を渡される「ペシャワール会」の医師中村哲さん=2019年10月、カブール(アフガニスタン大統領府提供)

 国連アフガニスタン支援団(UNAMA)代表を今年3月に退任した山本忠通前代表が4日までに共同通信のオンラインインタビューに応じた。アフガンのガニ大統領が、現地で昨年殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さんが尽力したアフガンの農業復興を続け、遺志を継ぎたいと申し出ていたと明らかにした。

2020 7/22 21:17
国際

中村哲さん殺害疑い新たに男拘束

 【カブール共同】福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん=当時(73)=がアフガニスタンで昨年12月に殺害された事件で、アフガンの国家安全保障会議(NSC)のファイサル報道官は22日、治安当局が最近、事件に関わった疑いがあるとして新たに男1人を拘束したと明らかにした。男の身元や、関与の度合いなど詳細は不明。

2020 6/27 18:32
社会科学・環境

小惑星に中村哲医師の名 支援団体が提案、発見者「未来永劫残る」

中村哲医師

 昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師の名前を冠した小惑星「Nakamuratetsu」が誕生した。中村さんの活動を応援する「ビエラの会」(山口県宇部市)が提案した。

2020 6/27 6:00
福岡社会

中村哲医師の「原点」に迫る TNCがドキュメンタリー番組

「カカ・ムラド~中村哲の信念~」の一場面。37歳当時の中村哲医師の映像なども紹介し、思いの「原点」に迫る内容となっている

 戦乱のアフガニスタンで人道支援に尽くし、昨年12月に凶弾に倒れた故中村哲医師のドキュメンタリー番組「カカ・ムラド~中村哲の信念~」が29日未明、テレビ西日本(TNC)で放送される。現地映像や関係者のインタビューを通して、砂漠を緑に変えた中村医師の思いと業績が丹念に描かれている。

2020 6/23 23:14
社会

中村医師は「武器を農具に持ち替える喜び示した」 玉城知事、平和宣言で言及

中村哲医師

 「慰霊の日」の23日、玉城デニー沖縄県知事が平和宣言で触れたのは、アフガニスタンで人道支援に尽くした故中村哲医師=福岡市出身=の信念と活動だった。 アフガンで医療や用水路建設活動を続け、昨年12月に凶弾に倒れた中村医師。

2020 6/23 21:38
社会

沖縄戦75年、不戦誓う「慰霊の日」 玉城知事は被爆地との連帯訴え

親類の名が刻まれた平和の礎に手を合わせる家族=23日午前10時25分ごろ、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が営まれた。

2020 6/14 6:00
福岡

中村哲医師の功績振り返る 大野城市で7月18日市民講座

中村哲医師

 アフガニスタンの人道・復興支援を最前線で担い、現地で凶弾に倒れた中村哲医師の功績をたどる市民講座「アフガニスタンに命の水を~中村哲医師・PMSと共に~」が7月18日、大野城まどかぴあ(大野城市曙町)で開かれる。ナースとして長らく現地支援に携わり、最もそばで中村医師の活動を見てきたペシャワール会PMS支援室の藤田千代子室長が、人道支援に生涯をささげた医師と同会のこれまでの歩みについて映像を交えて講演する。

2020 6/11 6:00
福岡

中村医師の父も弱者に寄り添った 火野葦平資料館長「生き方重なる」

若松で親族と写真に収まる中村勉さん(最前列左)と中村哲医師(Nの帽子)。後列は左から哲さんの祖母の玉井マンさん、中村秀子さん、2人空けて火野葦平。1950年代の撮影とみられる(火野葦平資料の会提供)

 アフガニスタンで凶弾に倒れたNPO法人「ペシャワール会」(福岡市)現地代表の中村哲医師(享年73)の父、勉さん(1904~79)が社会運動に奔走したことは知られていない。関東大震災での経験を原点に、港湾労働者の生活力向上を目指して活動し、義理の兄の芥川賞作家火野葦平(06~60)とともに検挙されたこともある。

2020 6/4 6:00
福岡社会国際

「やれることを」…銃撃から半年、中村哲氏の言葉胸に刻むスタッフ

重機を使って行われている水路の造成作業=5月31日、アフガニスタン(PMS提供)

 アフガニスタンの復興支援に尽くした中村哲医師が現地で凶弾に倒れてから4日で半年。文字通りの大黒柱を失った現地では、「ナカムラ」の名を付けた新たな幹部組織をつくり、事業を続けている。

2020 6/3 6:00
こどもタイムズ

ぼくたちが意志をつぐ 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(下)

アフガニスタンの現地(げんち)スタッフと仕事中(しごとちゅう)の中村哲(なかむらてつ)先生(せんせい)

 きょうも「砂さ漠ばくを緑みどりにかえたお医い者しゃさん 中なか村むら哲てつ先せん生せいの物もの語がたり」を読よんだ子こどもたちの感かん想そう文ぶんと絵えを紹しょう介かいします。ウェブサイトには紙し面めんに入はいらなかった感かん想そう文ものせています。

2020 6/2 15:30
国際

中村哲さんの絵本出版 アフガンのNGO

 中村哲さんを題材とした絵本「カカ・ムラド」の原作を担当したザビ・マハディさん=5月、カブール(共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタンで昨年12月に殺害された医師中村哲さん=当時(73)=を題材にした絵本「カカ・ムラド」を現地の非政府組織(NGO)が出版した。事件発生から4日で半年。

2020 6/2 6:00
こどもタイムズ

ことばと勇気、わすれない 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(上)

中村哲先生(なかむらてつせんせい)

 アフガニスタンで砂さ漠ばくを緑みどりにかえ、多おおくの人ひとの命いのちを助たすけたお医い者しゃさん、中なか村むら哲てつ先せん生せいが亡なくなって4日で半はん年としがたちます。村むらの畑はたけに水みずをとどける用よう水すい路ろをつくっていた中なか村むら先せん生せいは昨さく年ねん12月4日、工こう事じ現げん場ばに行いくとちゅうにだれかに銃じゅうで撃うたれました。

2020 5/29 6:00
福岡

ペシャワール会に活動支援金贈呈 中村哲医師をしのぶ会朝倉実行委

ペシャワール会に活動支援金を贈る「中村哲医師をしのぶ会朝倉実行委員会」

 福岡県朝倉市や民間団体などでつくる「中村哲医師をしのぶ会朝倉実行委員会」(会長・林裕二市長)は、市民から寄せられた9万5338円を福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」に贈った。 実行委は今春、朝倉市の山田堰(ぜき)をモデルにした取水堰をアフガニスタンに整備してきた故中村医師の活動を紹介する写真展を開催。

2020 5/27 6:04
福岡社会

中村哲さん長女、亡き父の口癖胸に…受け継ぐ意志 静かに語った決意

ペシャワール会のスタッフと打ち合わせをする故中村哲医師の長女秋子さん(左)=16日午後、福岡市中央区(撮影・柿森英典)

 昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師の長女秋子さん(39)が、父の意志を継いで同国の復興支援に携わり始めた。幼い頃から間近で見聞きし、関心を抱いてきた父の事業。

2020 4/30 16:30
読書

『さだの辞書』 さだまさし 著 (岩波書店、1650円)

『さだの辞書』 さだまさし 著 (岩波書店、1650円)

 岩波書店の月刊雑誌『図書』に連載した自伝的エッセーを再構成。アフガンで命を奪われた中村哲氏に思いをはせ「僕なりの使命」を語る「生命・アフガン・花と龍」をはじめ「賃餅・床屋・去年今年」「三島・恩師・図書」など、ユーモアのセンスが光る笑いと涙の三題噺(はなし)25話を収載。

2020 4/10 6:04
福岡

中村哲さんの五右衛門風呂活用へ 登山帰り入浴、古賀市で釜見つかる

中村哲さんが湯を浴びた川辺に五右衛門風呂の釜を据え、当時の様子を説明する加藤さん(右)

 アフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師がかつて暮らした福岡県古賀市で、登山の帰りに中村さんが入浴した五右衛門風呂の釜を住民グループが保管している。子どもたちの郷土教育への活用を計画。

2020 4/6 12:00
こどもタイムズ

古賀百工と中村医師、思いは同じ こども記者、山田堰を歩く(下)

山田堰のそばで取材を受けてくれた徳永哲也さん(前列中央)を囲むこども記者たち

 ふるさとの宝物 (たからもの) として残 (のこ) る福岡 (ふくおか) 県 (けん) 朝倉 (あさくら) 市 (し) の山田 (やまだ) 堰 (せき) を取材 (しゅざい) した西日本新聞 (にしにっぽんしんぶん) こども記者 (きしゃ) たち。堰 (せき) をつくった古賀 (こが) 百 (ひゃく) 工 (こう) ら江戸 (えど) 時代 (じだい) の人 (ひと) たちと、その知恵 (ちえ) を時代 (じだい) と距離 (きょり) を超 (こ) えてアフガニスタンで生 (い) かした中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし) を知 (し) り、なにを感 (かん) じたのでしょうか。

2020 4/6 10:00
こどもタイムズ

朝倉から、時を超え異国で役立つ こども記者、山田堰を歩く(中)

昨年4月に訪問したアフガニスタンで、中村医師(左)と握手する徳永さん

 中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし) は2003年 (ねん) からアフガニスタンで堰 (せき) と用水路 (ようすいろ) づくりを始 (はじ) めました。「緑 (みどり) の大地 (だいち) 計画 (けいかく) 」と名 (な) づけたかんがい事業 (じぎょう) です。

PR

PR

注目のテーマ