新 移民時代
連載

「新 移民時代」

【早稲田ジャーナリズム大賞受賞】外国人労働者急増の理由を追い、制度の不備を浮き彫りにした長期企画。菅義偉官房長官(当時)も「会って話を聞かせてほしい」と取材班に連絡を寄せた。

2021 9/24 5:55
福岡社会

外国人のワクチン予約を古賀市支援

スマートフォンを使った予約方法を外国人技能実習生たちに教える古賀市職員

 新型コロナウイルスワクチンの若年層への接種が進むのに伴い、技能実習生など日本で暮らす外国人に予約の仕方を教える支援も始まっている。市内に800人を超す対象者がいる福岡県古賀市は、予約や副反応説明のインターネットサイトに直結するスマートフォン用ホームページ(HP)を作成。

2019 3/30 6:00
社会

共生へ 最前線から<5完>監視 人権保護の態勢見えず

外国人労働者の受け入れを希望する神奈川県内の企業や団体を対象に、法務省が開いた特定技能制度の説明会=11日、横浜市

 法務省が11日、外国人労働者の受け入れを希望する企業・団体を対象に横浜市で開いた特定技能制度の説明会。午前、午後とも満員の計430人が参加。

2019 3/29 13:49
社会

共生へ 最前線から<4>業界 人材確保、競争早くも

4月から福祉施設に就職するベトナム人のド・ディン・フィさん(中央)。将来もこの地域で働くつもりだという=13日、北海道東川町

 13日、まだ一面に雪が残る北海道北部。東川町の旭川福祉専門学校では卒業生のお別れ会が開かれていた。

2019 3/28 6:00
社会

共生へ 最前線から<3>災害 「情報難民」なくせるか

関西空港から脱出し、中国領事館が用意したバスに乗り込む中国人観光客=昨年9月5日、大阪府泉佐野市(李ミャオさん提供)

 昨年9月4日深夜、フェニックステレビ(香港)東京支局長、李ミャオさんのブログに中国語のメッセージが立て続けに届いた。

2019 3/27 6:00
社会

共生へ 最前線から<2>教育 学ぶ場も支援も足りぬ

教室が足りず、日本語指導の授業は廊下で行われていた=18日、島根県出雲市の塩冶小

 授業は廊下で行われていた。算数の文章問題に、3年の女の子が首をかしげる。

2019 3/26 10:32
社会

共生へ 最前線から<1>窓口 民間に経験とノウハウ

「多言語コールセンター」のスタッフは9割が外国人だ=15日、東京都港区

 共に生きる「隣人」として外国人を受け入れる準備は整ったか。改正入管難民法の4月施行を前に、最前線の現場から報告する。

2019 3/8 10:49
社会

【動画あり】ネパールからの報告(下)夢のビザ 独り歩き

猛烈な砂ぼこりが巻き上がる市街地では、働き盛りの若者たちがぶらつく姿が目立った=2月初旬、ネパールの首都カトマンズ

 ネパールの首都カトマンズは朝から晩まで渋滞がひどい。車が巻き上げる砂ぼこりと排ガスが漂う街で、目立つのは若者たちの姿。

2019 3/7 6:01
社会

【動画あり】ネパールからの報告(中)「安全」「安定」の国 目指し

新しい在留資格「特定技能」の取得を目指し、日本語の発音を練習するアショックさん(前列中央)=2月、ネパールの首都カトマンズ

 日本の「労働ビザ」解禁の影響は広がりを見せていた。ネパールの首都カトマンズ郊外の「世尊ジャパニーズ・ランゲージ・スクール」。

2019 3/6 14:28
社会

【動画あり】ネパールからの報告(上)新在留資格、日本熱再び

「留学ビジネス」の中心・学生街バグバザールでは日本語学校の看板が減少。「ジャパン」の存在感は薄れ、「オーストラリア」との併記が目立った=2月、ネパールの首都カトマンズ

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法の4月施行が迫る。名実ともに「外国人が働ける国」へ-。

PR

PR