コロナ下の胎動 天神ビッグバン
連載

「コロナ下の胎動 天神ビッグバン」

福岡市・天神が新たに生まれ変わる「胎動」の時期を、コロナが襲いました。テレワークが増え、観光客も激減し、経済活動は縮小。オフィスでもホテルでも都市間も、サバイバルが始まりました。

2021 4/27 6:00
福岡経済政治連載

加速する都市間競争、コロナは追い風か逆風か 福岡市の視線の先は

感染症対策を取ったビルの容積率緩和を発表する福岡市の高島宗一郎市長

 新型コロナウイルスの感染が沈静化していた昨年6月30日、福岡都市圏の経済活性化を目指す産学官の連携組織「福岡地域戦略推進協議会」(FDC)がオンラインのシンポジウムを開いた。出席したのは福岡市長の高島宗一郎やヤフーCSO(最高戦略責任者)の安宅和人のほか、地場企業トップら。

2021 4/20 6:00
福岡経済連載

コロナで凍る需要、強気と弱気が交錯 ホテル、異例の「等価交換」も

キャナルシティ博多にある「グランドハイアット福岡」(下部の茶色の建物)と博多駅近くの「ANAクラウンプラザ福岡」の等価交換は、不動産関係者の話題を呼んだ=2019年3月撮影(本社ヘリから)

 関係者でさえ、「当初は信じられなかった」と語る異例の取引だった。 福岡地所グループが所有する福岡市の大型複合商業施設「キャナルシティ博多」内にあるホテル「グランドハイアット福岡」と、星野リゾート系の投資法人が持つ博多駅近くの「ANAクラウンプラザホテル福岡」の等価交換だ。

2021 4/13 6:00
福岡経済連載

天神の求心力か、コロナ禍の遠心力か 「空前のオフィス供給」前夜

天神ビッグバンの第1号案件となる天神ビジネスセンター=福岡市・天神

 香港に拠点を置く金融グループ「MCPホールディングス」は、福岡市に日本事業の統括会社を置くことを決めた。 市が官民連携で目指す「国際金融拠点都市」構想の誘致第1号。

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR