まとめ

「パリ協定」

「パリ協定」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/17 0:38
科学・環境

海のプラごみ対策を確認

 先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)は16日、テレビ会議で環境相会合を開いた。昨年のG20大阪サミットで合意した「2050年までにプラスチックごみの海への流出をゼロにする」との目標実現に向けて取り組むことや、G20以外の国にも参加を呼び掛けることを確認。

2020 9/9 11:13
科学・環境

トランプ大統領が環境保護?

 フロリダ州で油田採掘関連の文書に署名したトランプ大統領=8日、ジュピター(AP=共同)

 【ワシントン共同】「自分は偉大な環境保護主義者だ」。トランプ米大統領は8日、南部フロリダ州ジュピターを訪れ、「美しい海を守る」として同州沖での油田採掘の一時禁止延長と対象領域拡大を指示する文書に署名した。

2020 7/1 18:06
科学・環境

温室効果ガス2050年ゼロに

 【ワシントン共同】米下院の野党民主党議員らは6月30日、再生可能エネルギー分野の雇用拡大と、米国の温室効果ガス排出を2050年までに実質ゼロにすることを目標とする地球温暖化対策の政策提言を発表した。  提言を実践すれば、大気汚染の改善で米国の死者が毎年6万人以上減り、50年までに総額8兆ドル(約860兆円)近い経済損失を回避できると試算した。

2020 3/30 19:38
科学・環境

温室ガス30年目標を据え置き

 政府の地球温暖化対策推進本部は30日、パリ協定に基づき国連に再提出する2030年の温室効果ガス排出削減目標を、現行の「13年度比26%減」に据え置くことを決めた。5年後と定められている次の提出時期を待たずに目標を見直し、強化を目指す方針も掲げた。

2020 3/11 1:30
科学・環境

気温、産業革命前比1・1度上昇

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は10日、2019年の世界の平均気温が産業革命前と比べて1・1度上昇したとする報告書を発表した。グテレス国連事務総長は「このままでは(産業革命前から)1・5~2度の上昇に抑えるというパリ協定の目標を達成できない」と危機感をあらわにしている。

2020 2/26 18:52
科学・環境

政府、温室ガス目標の提出先送り

 政府は、パリ協定の下で国連への再提出が求められている2030年の温室効果ガス排出削減目標について、期限である今月には出さず、先送りすることを決めた。複数の政府関係者が26日、明らかにした。

2020 2/21 18:54
科学・環境

温室ガス削減強化を首相に提言

 記者会見するCDPジャパンの森沢充世さん(中央)ら。左はWWFジャパンの山岸尚之さん=21日午後、東京都千代田区

 世界の機関投資家などでつくる6グループが連名で、安倍晋三首相に日本の温室効果ガス排出削減目標の引き上げを求める提言をまとめ、関係者が21日、東京都内で記者会見した。運用資産総額は数百兆円に上り、日本に対策強化を求める国際圧力が強まっていることが示された。

2020 2/20 16:58
全国・海外ニュース

気温上昇の1.5度目標

 地球温暖化防止のためのパリ協定は、今世紀末の世界の平均気温の上昇を2度より十分低いレベルに抑え、1・5度を目指すことを目標としている。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などによると、温暖化の被害のリスクは2度と1・5度では大きく異なり、国際的に1・5度を目指すべきだとの声が高まっている。

2020 1/30 10:43
社説

パリ協定始動 日本も新たな削減目標を

 地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」が、この1月から本格始動した。先進国だけでなく新興国や途上国も温室効果ガスの排出抑制に取り組む。

2020 1/22 18:57
科学・環境

温室ガスのゼロ政策、7カ国だけ

 中国の石炭火力発電所。中国は日本や米国と同様、2050年の「排出ゼロ」目標を打ち出していない=2019年11月(AP=共同)

 【ダボス共同】地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を2050年に実質的にゼロにする目標を掲げたのは67カ国で、このうち実現のための政策を明確にしているのはわずか7カ国だとの調査結果を、ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)が22日までにまとめた。主要な排出国は含まれておらず、取り組みの遅れが鮮明。

2020 1/19 6:00
熊本

ごみ発電の活用計画紹介 熊本市で「脱炭素社会」シンポ

熊本市の取り組みを報告する大西市長

 18日、肥後銀行本店(熊本市中央区)であった環境省主催のシンポジウム「気候変動を踏まえた脱炭素社会の実現に向けて」には、県内外の自治体関係者ら約400人が出席した。 同省の中井徳太郎総合環境政策統括官は、2015年にパリ協定で合意した「地球の平均気温の上昇を2度未満に抑える」という目標の達成に向けて「各国が50年までに二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにすることが不可欠」と説明。

2020 1/12 21:00
科学・環境

温室ガス排出量、増加続く

 新設された九州電力松浦火力発電所2号機(右)。左は1号機。石炭火力発電は温室効果ガスの大きな発生源だ=2019年12月、長崎県松浦市

 2008年から17年までの10年間に世界の温室効果ガス排出量がほぼ一貫して増え続け、国連環境計画(UNEP)が「失われた10年だった」とこの間の地球温暖化政策を厳しく総括する報告書をまとめていたことが12日分かった。各国の削減対策は不十分としており、18年も排出量は増加。

2020 1/12 11:00
社説・コラム

地球防衛隊こそ必要だ

 今回の見出しを目にした読者の皆さんは「正月からまた寝ぼけたことを」と思われただろう。しかし私は存外真剣である。

2020 1/12 6:00
国際

温暖化対策、九州と連携を 駐大阪英国総領事セーラ・ウテン氏に聞く

本紙インタビューに答える在大阪英国総領事館のセーラ・ウテン総領事=10日午後、福岡市・天神

 在大阪英国総領事館のセーラ・ウテン総領事が西日本新聞社を訪れ、英国の地球温暖化対策の取り組みなどを説明した。英国は11月に開く国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の開催国。

2019 12/16 0:35
国際

COP25に「がっかりした」

 【マドリード共同】グテレス国連事務総長は15日、スペイン・マドリードで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)がパリ協定の実施ルール作りの合意を先送りするなどした結果について「がっかりした」とツイッターで表明した。  グテレス氏は「国際社会は気候変動への取り組みで野心の向上を示す重要な機会を逃した」と指摘。

2019 12/15 19:31
科学・環境

オバマ氏、温暖化問題で講演

 【シンガポール共同】オバマ前米大統領は14日、訪問先のシンガポールで講演し、地球温暖化問題について「若い人の方が親や祖父母の世代よりも緊急性をよく理解している」と指摘、若者らが中心となって各国の政府に対策を求めるよう呼び掛けた。  スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)について「彼女が広めた運動は若者が既存の機関を変えようとしている良い例だ」と歓迎。

2019 12/15 18:03
科学・環境

COP25、合意断念し先送り

 パリ協定のルール作りの合意先送りを決めたCOP25の全体会合。手前中央はシュミット議長=15日、マドリード(ロイター=共同)

 【マドリード共同】スペイン・マドリードで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は15日、一部積み残されていたパリ協定の実施ルール作りの合意を断念し、来年の次回会合に先送りする決議を採択し、閉幕した。会期を2日延長して徹夜で協議したが対立が解けなかった。

2019 12/15 11:28
社説・コラム

「子どもの正論」から逃げるな

 子どものごく当たり前の疑問に、お父さんは顔を真っ赤にしてこう言う。 「う、うるさいっ。

2019 12/15 9:00
科学・環境

COP25、会期延長2日目

 延長された会議で話をする議長を務めるチリのシュミット環境相=15日、マドリード(ロイター=共同)

 【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は、会期を延長し徹夜で交渉を続けたが、主要論点で意見がまとまらず延長2日目の15日に入った。一部積み残されているパリ協定の実施ルール作りや、来年に各国が再提出する温室効果ガス排出削減目標の引き上げを巡る対立が激しく、合意が先送りされるとの観測も出ている。

2019 12/14 21:50
科学・環境

COP、排出削減強化で隔たり

 会期を延長して開かれたCOP25の会合=14日、マドリード(共同)

 【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は14日、会期を1日延長し徹夜で交渉を続けた。来年本格始動するパリ協定の実施ルール作りや、各国が来年再提出する温室効果ガス排出の削減目標の引き上げを巡り協議したが、意見の隔たりが続いた。

PR

PR

注目のテーマ