一面
掲載面

「一面」

西日本新聞の朝刊1面に掲載されたニュースを提供します。

2019 8/21 6:00
社会

日本郵便、二重払いや無保険10万件 アフラック委託のがん保険 制度の不備が原因、現在も販売

郵便局でのアフラック保険の乗り換え

 日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件に上ることが分かった。西日本新聞はアフラック社が日本郵便に提出した内部資料を入手した。

2019 8/21 6:00
政治

中尾大牟田市長不出馬へ 体調不良など理由

中尾昌弘氏

 福岡県大牟田市の中尾昌弘市長(64)=1期目=が、任期満了に伴う次期市長選(11月10日告示、同17日投開票)に出馬しない意向を固めたことが分かった。体調面に不安があることなどを考慮して判断した。

2019 8/20 6:00
福岡社会政治

筑邦銀が電子地域通貨 九州初 自治体、商工団体向け発行

 筑邦銀行(福岡県久留米市)は19日、分散型台帳技術「ブロックチェーン」を活用する地域限定の電子通貨を発行し、利用を希望する自治体や商工団体に原則無料で使ってもらうサービスを始めると明らかにした。紙幣形式などだった地域通貨の電子化で、管理コストが軽減され利用者負担が大幅に縮小する点をPRして利用を促す。

2019 8/19 6:00
社会

容疑者、再犯防ぐ支援実らず 京アニ放火1ヵ月 「特別調整」対象

九大大学院法学研究院の武内謙治教授

 18日で発生から1カ月となった京都アニメーションの放火殺人事件で、逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)=さいたま市=は、7年前に強盗事件を起こして服役した際、出所後に福祉サービスへと橋渡しをする国の「特別調整」の対象になっていた。再犯防止を目的につくられた制度で支援を受けながら、結果的には凄惨な事件を防げなかったことになる。

2019 8/19 6:00
政治

日韓関係「懸念」62% 有志連合参加「反対」57% 世論調査

 共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた米主導の有志連合構想を巡り、日本が自衛隊を「派遣すべきではない」との回答が57・1%に上った。「派遣すべきだ」は28・2%。

2019 8/18 6:00
政治経済

日韓対立 経済界は沈黙 政権への配慮鮮明 元徴用工問題で連携

経団連夏季フォーラムでは参加者から「日本の立ち位置をどうするのか」などの声が相次いだが、具体的な指針は打ち出せなかった=7月19日、長野県軽井沢町

 経済を巻き込んでエスカレートする日韓両政府の対立に、経済界が「沈黙」を守っている。良好な隣国関係はヒト、モノ、カネの自由で活発な往来で利益を得る企業活動の大前提のはず。

2019 8/17 6:00
福岡社会医療・健康

「赤ちゃん諦めず良かった」20歳で白血病…治療前に卵子凍結10年目、希望の出産

健斗ちゃんを抱く島優子さん。夫の剛志さんは「僕たちの宝物です」=3日

 20歳で白血病を発症し、治療の副作用で不妊になる可能性が高いと告知された女性が昨年秋、男児を出産した。放射線治療の開始を前に、将来の出産を強く望む女性の訴えを受けた福岡市の生殖医療専門施設が、女性の卵子を7年半にわたり凍結保存。

2019 8/16 6:00
長崎社会

華やかに故人送る 長崎で精霊流し

爆竹や花火とともに初盆をにぎやかに過ごす精霊流し=15日午後7時21分、長崎市銅座町

 初盆を迎えた故人の霊をにぎやかに送り出す長崎県の伝統行事「精霊(しょうろう)流し」が15日、県内各地であった。長崎市中心部では爆竹やかねの音が響く中、遺族やゆかりの人が精霊船を引いて亡き人に思いをはせた。

2019 8/16 6:00
国際

文氏、輸出規制対話呼び掛け 日本批判を抑制 韓国「光復節」

 【ソウル池田郷】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」で演説し、「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」と主張した上で「日本が対話と協力の道へ向かうなら、われわれは喜んで手を結ぶ」と述べ、対立緩和を呼び掛けた。韓国人元徴用工や旧日本軍の従軍慰安婦の問題には直接言及せず、歴史問題を巡る批判を抑制したが、日本政府が求める徴用工問題での対応策は示さなかった。

2019 8/15 6:00
気象

台風10号九州暴風域厳戒 新大阪-小倉で計画運休

台風10号暴風・大雨の時間帯

 大型の台風10号は15日に九州地方に最接近し、九州から四国付近に上陸した後、西日本を縦断する可能性が高い。九州はほぼ全域が暴風域に入り、猛烈な雨と風が長時間続く見通し。

2019 8/15 6:00
社会

「引き揚げ」高校生が継承 福岡の4人記録映像取り組む

元野間中放送部員の4人。(左から)松岡航司さん、野瀬瑞季さん、加々見藍生さん、古根川ななみさん=7日、福岡市中央区

 戦後の旧満州(中国東北部)や朝鮮半島から博多港への引き揚げに関する記録映像を制作し、全国コンテストで入賞した野間中(福岡市南区)の元放送部員4人が、高校2年になった今も、体験者の話を聞く活動を続けている。彼らの熱心さが、引き揚げ者の小笠原信子さん(86)=佐賀県武雄市=の心を動かした。

2019 8/14 6:00
社会

進研模試、ネット売買横行 全国で40万人受検 実施日のずれ悪用

ツイッターで「#進研模試ネタバレ」と検索すると、問題や解答を売るという投稿が並ぶ(写真の一部を加工しています)

 「インターネット上で進研模試の『ネタバレ』が売買されています」。高校1年生の子どもを持つ母親から、特命取材班にそんな声が届いた。

2019 8/14 6:00
気象

超大型台風10号あす上陸か 九州厳戒、交通に混乱も 

 超大型の台風10号は14日に強い勢力で九州や四国付近に近づき、15日に最接近、上陸する可能性が高まっている。進行速度が遅く、九州のほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入り、海上は猛烈なしけ、陸上は猛烈な暴風雨が長時間続く恐れがある。

2019 8/14 6:00
国際

韓国、優遇国から日本除外 9月にも、輸出管理で対抗措置

 【ソウル池田郷】韓国政府は12日、軍事転用の恐れがある「戦略物資」の輸出手続きを簡略化する優遇対象国から日本を除外すると発表した。9月中に実施する方針。

2019 8/12 6:00
福岡社会政治

議会バリアフリー手探り 議場にスロープ、代理投票 九州、介助費補助に差

九州各県と政令市の議会のバリアフリー状況

 れいわ新選組から重い身体障害がある参院議員2人が誕生したことで、今月上旬に開かれた臨時国会は、バリアフリー化が大きなテーマとなった。生活者により身近な地方議会はどうか。

2019 8/12 6:00
福岡社会気象

のろのろ台風、お盆直撃か 10号、15日に最接近 帰省、旅先警戒を

台風10号 予想される注意点

 大型の台風10号が、お盆の西日本を直撃しそうだ。特徴は速度の遅さ。

2019 8/11 6:00
社会

旧日本軍の原爆計画 痕跡残す町 終戦までウラン採取 福島県石川町

福島県石川町の町立歴史民俗資料館に展示してあるペグマタイトを説明する橋本悦雄さん

 広島、長崎への原爆投下から74年。日本は悲惨な被害を受けた唯一の戦争被爆国だが、一歩誤れば被害を与える原爆投下国になりかねなかった歴史はあまり知られていない。

2019 8/10 6:00
長崎社会

核廃絶「背向ける」国に危機感共有迫る 長崎平和宣言

 長崎市の平和宣言は「核の傘」に頼る日本政府の立ち位置を鋭く指摘し、令和の時代になっても「核兵器なき世界」への具体的行動を起こさずにいる現状に対し、被爆地のいらだちを真っすぐにぶつけた。 「日本は今、核兵器禁止条約に背を向けています」。

2019 8/9 6:00
政治国際

日韓 違い認める余裕を 「関係はガラス細工の繊細さ」 白真勲・参院議員に聞く

白真勲参院議員

 父は韓国人、母は日本人。白真勲参院議員(60)=立憲民主党=は40代半ばで日本国籍を取得するまで在日韓国人として過ごした。

2019 8/9 6:00
長崎社会

祈りの光 世界照らせ 長崎原爆から74年

「祈りの光」が空を照らし、平和への思いが描かれたキャンドルが揺らめいた平和公園=8日午後7時50分、長崎市

 長崎原爆の日(9日)を前に、長崎市松山町の平和公園で8日夜、市民が手作りキャンドルに火をともす「平和の灯(ともしび)」や夜空に光を照射する「祈りの光」が行われた。原爆投下から74年を迎える被爆地は、犠牲者の冥福と世界平和を願う柔らかな光に包まれた。

PR

PR

注目のテーマ