一面
掲載面

「一面」

西日本新聞の朝刊1面に掲載されたニュースを提供します。

2020 12/1 6:00
宮崎社会

日向市で鳥インフル陽性 高病原性なら4万羽殺処分へ

宮崎県庁

 宮崎県は30日、同県日向市東郷町の養鶏場で鶏約60羽が死んでいるのが確認され、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査を実施して確定を進めており、高病原性であれば、養鶏場の約4万羽を全て殺処分する方針。

2020 12/1 6:00
福岡社会

無症状…自主検査ならPCR?抗原? 精度に差、誤判定の恐れも

新型コロナの検査の違い

 新型コロナウイルスの感染者が急増する中、症状がなくても、家族に高齢者がいる人などがPCR検査や抗原定性検査を自費で受けるケースが増えている。結果判明までの時間や費用は異なるものの、両方とも「今、感染しているか」を調べる検査。

2020 12/1 6:00
福岡社会

近隣の養鶏場、鳥インフル陰性確認 福岡・宗像市

鳥インフルエンザが発生した福岡県宗像市の養鶏場で殺処分を進める関係者たち=11月26日午後(本社ヘリから、撮影・佐藤雄太朗)

 福岡県は30日、同県宗像市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザに関し、半径3キロ圏内にある別の養鶏場1カ所を検査した結果、感染は確認されなかったと発表した。 検査は家畜伝染病予防法に基づく措置。

2020 11/30 6:04
福岡社会

将来の給与狙う“ヤミ金”悪質ファクタリング 法規制なく年利1300%も

福岡県宮若市の男性が3月給与分で利用したファクタリングの状況。左側の金額が受け取った現金、右側が給与債権。少額での契約が積み重なった(写真の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの影響に苦しむ労働者の間で、将来受け取る給与を実質的な担保にして現金を借りる「給与ファクタリング」と呼ばれる資金調達手段が広がっている。法規制がないため悪質業者が横行しており、福岡県内では手数料が年利換算で千%超のケースも起きた。

2020 11/30 6:00
福岡社会

福岡県鳥インフル対策費 防護服備蓄など 12月議会提案

福岡県庁

 福岡県宗像市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は29日、野鳥の侵入を防ぐ養鶏場への防鳥用ネットの整備や防護服の追加備蓄など、対策の強化を実施する方針を固めた。感染拡大に備えた措置で、関連経費約7億2600万円を含んだ予算案を12月定例議会に提案し、早期議決を求める。

2020 11/29 6:00
福岡社会

新型コロナ「第2波」で逼迫 福岡市の保健所、4割が残業100時間超

福岡市(本社ヘリから)

 新型コロナウイルスの「第2波」が猛威を振るった8月、九州の市町村で突出して感染者が多い福岡市の各区保健所で、担当職員計49人の4割近くに当たる18人の残業時間が単月の過労死ラインとされる100時間以上だったことが分かった。最長は192時間。

2020 11/28 6:00
長崎社会

「野垂れ死にしろと」 路頭に迷う「仮放免」外国人 コロナ対策背景

仮放免中のネパール人男性。支援者宅の近くで川を眺めながら一日が過ぎるという=長崎県大村市

 新型コロナウイルス対策で「密」を避けるために、出入国在留管理庁の収容施設から、外国人が一時的に解放される「仮放免」が急増している。だが外に出ても就労は禁じられ、行政の援助も受けられないため、多くの外国人が路頭に迷っている。

2020 11/27 6:04
福岡社会

福岡「第3波」大丈夫? 検査拡充で拡大抑制 「いつ来ても」警戒

福岡県の新型コロナウイルス感染者数の推移

 大都市を中心に全国で新型コロナウイルス感染の「第3波」が押し寄せる中、福岡県でも感染者がじわりと増え始めている。26日の新規感染者は53人で、約3カ月ぶりに50人を超えた。

2020 11/26 6:00
福岡スポーツ

ホークス日本S4連覇 巨人に4連勝 2年連続無敗史上初

4年連続で日本一を決めて喜ぶソフトバンクの選手たち(撮影・大月崇綱)

 プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は25日、福岡市中央区のペイペイドームで第4戦が行われ、パ・リーグ優勝の福岡ソフトバンクがセ・リーグ優勝の巨人を4-1で破り、対戦成績4勝0敗で4年連続11度目(南海、福岡ダイエー含む)の日本一に輝いた。2年続けて無傷の4連勝で頂点に立ったのは史上初。

2020 11/26 6:00
福岡社会

渡り鳥にまん延警戒 環境省 半径10キロ野鳥監視へ

養鶏場の近くに設けた消毒ポイントで、マットに消毒液をかける県職員=25日午前10時57分、福岡県宗像市(撮影・穴井友梨)

 福岡県宗像市の養鶏場で25日に確認された鳥インフルエンザについて、農林水産省は今季の発生リスクは例年よりも高いとみて全国で警戒を呼び掛けていた。同省によると、日本に飛来している今季の渡り鳥はウイルスに感染している可能性が高く、養鶏への被害拡大は例年よりも早まる恐れがあるという。

2020 11/25 6:04
福岡スポーツ

ホークス3連勝 4年連続11度目の日本一に王手!

日本シリーズ第3戦の3回2死二塁、中村晃(手前左)の先制2ランに盛り上がるソフトバンクベンチ=24日、ペイペイドーム(撮影・柿森英典)

 プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日、福岡市のペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、福岡ソフトバンクが巨人を4-0で破った。昨年に続く初戦からの3連勝で、4年連続11度目(前身の南海、福岡ダイエー時代を含む)の日本一に王手をかけた。

2020 11/24 6:04
福岡社会

中村哲さんの魂 灯台として前へ…母校の九州大で追悼会

凶弾に倒れた中村哲さんを追悼する会で、在りし日の思い出を語る長女秋子さん=23日午後、福岡市西区の九州大伊都キャンパス(撮影・佐藤雄太朗)

 アフガニスタンで用水路建設や医療活動を続け、昨年12月4日に凶弾に倒れた中村哲医師=当時(73)=の追悼の会が23日、福岡市の九州大伊都キャンパスで開かれた。一周忌を前に、中村さんと共に活動してきた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」が主催し、全国から約450人が参列した。

2020 11/23 6:00
社会

「特定技能」進まぬ橋渡し 創設1年半 識者「公的仕組み整備を」

オンラインで取材に応じるベトナム人のチャンさん。資格試験に合格し、12月から介護職に就く予定という

 外国人の就労拡大を目的とした在留資格「特定技能」が広がらない。2019年4月の創設から1年半が過ぎたが制度の周知不足は解消されず、外国人雇用は民間任せのままだ。

2020 11/21 6:00
福岡社会

新型コロナ、国内感染連日の2000人超え 全国知事会「強力な対策を」

イメージ

 菅義偉首相は20日、首相官邸で開いた政府主催の全国都道府県知事会議で、感染者数の増加が続く新型コロナウイルス対策に関して「(新規感染者が)連日全国で2千人を超え、最大限、警戒する状況にある」と危機感を訴えた。一方で「感染拡大を防ぐことを大前提に、経済活動との両立を図るのが基本的な考え方だ」と述べ、経済回復も重視していく姿勢を強調した。

2020 11/21 6:00
熊本社会

川辺川ダム「流水型」国が検討へ 熊本県知事が要望

熊本県の蒲島郁夫知事

 赤羽一嘉国土交通相は20日、蒲島郁夫熊本県知事が建設容認を表明した同県・川辺川のダムについて、増水時だけ水をため環境負荷が小さいとされる「流水型」を建設する方向で検討に入ると明らかにした。同日、面会した蒲島氏からダム建設を正式に要望され「スピード感を持って検討に入る」と答えた。

2020 11/20 6:00
熊本社会

もう遅れは許されない 民意得て治水実行を ダム白紙撤回から12年

熊本豪雨では球磨川が氾濫し、多くの民家などが被害を受けた=7月4日、熊本県人吉市

 【解説】12年前に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明し、「ダムによらない治水」を極限まで考え抜くと宣言した蒲島郁夫知事が、その時と同じ熊本県議会の議場で断念を表明した。豪雨で多くの犠牲を出したことを反省したと述べ、重大な責任と運命にも似た「使命感」を持っての判断だと位置付けた。

2020 11/19 12:31
熊本社会

川辺川ダム、熊本知事容認表明 白紙撤回から12年、豪雨被害に「重大な責任」

熊本県議会の全員協議会で、川辺川へのダム建設を容認する方針を明らかにした蒲島郁夫知事=19日午前、熊本市(撮影・宮下雅太郎)

 7月の熊本豪雨で氾濫した球磨川流域の治水策について、熊本県の蒲島郁夫知事は19日、県議会全員協議会で最大支流の川辺川へのダム建設を容認する考えを表明した。「命と環境を守ることを両立させる」との考えに立ち、現行の貯留型ダム計画の廃止と、環境に配慮した「新たな流水型ダム」(穴あきダム)の建設を国に求める。

2020 11/19 6:04
福岡社会

福岡県 独自の「特別警戒宣言」条例化へ

福岡県庁

 新型コロナウイルスなど新たな感染症への対策を推進するため、福岡県議会が議員提案で制定を目指す県条例案の素案が18日、判明した。治療法が確立していない感染症が発生した場合、知事は独自に「特別警戒宣言」を発令し、県民や事業者に対策の徹底や営業制限などへの協力を求める条項を盛り込んだ。

2020 11/19 6:00
佐賀社会

モ~いくつ寝ると…「丑」来年えとの人形作り最盛期 佐賀・神埼市

尾崎人形の工房で制作が進む、来年のえと「丑」の人形=佐賀県神埼市

 来年のえと「丑(うし)」にちなんだ人形作りが、郷土玩具「尾崎人形」の工房(佐賀県神埼市)で、最盛期を迎えた。同市尾崎地区で700年以上前から伝わるとされる人形で、継承者の高柳政廣さん(75)と城島正樹さん(34)が、かわいらしく寝転んだ丑(約8センチ)を次々に仕上げている。

2020 11/18 6:00
福岡鹿児島社会経済

九電川内原発1号機が再稼働 テロ対策施設を設置、新規制基準で全国初

九州電力の川内原発1号機(左)と2号機=鹿児島県薩摩川内市

 九州電力は17日、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)が完成した川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)を再稼働した。東京電力福島第1原発事故後の新規制基準を満たした全国初の原発となった。

PR

PR

注目のテーマ