一面
掲載面

「一面」 (2ページ目)

西日本新聞の朝刊1面に掲載されたニュースを提供します。

2021 1/5 6:00
社会

普天間の“迷惑料”10年前の8倍超 政府主張と矛盾する負担増の現実

宜野湾市交付金の推移

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市で特定防衛施設周辺整備調整交付金(特防交付金)が急増している。2020年度の4億9千万円は10年度比8・03倍(全国では1・64倍)。

2021 1/4 6:00
熊本社会

息苦しい仮設の生活「その後」見通せぬ被災者 熊本豪雨から半年

仮設住宅の部屋の様子を確かめる入居者たち=2020年12月

 熊本県南部を中心に甚大な被害を出し、県内で65人が犠牲になった昨年7月の豪雨災害から4日で半年。7市町村で計画された808戸の仮設住宅は昨年12月に完成し、避難所は1月中に解消される見通し。

2021 1/4 6:00
福岡社会

図書購入費、医療費補助に…暮らしに染みこむ「防衛マネー」の正体は

九州の交付金推移

 戦闘機が離着陸する基地や演習場を抱える自治体が“迷惑料”として受け取る防衛省の交付金が増え続けている。2020年度は全国120市町村に約227億円が支払われ、九州・沖縄には約67億円が配分された。

2021 1/3 6:04
福岡社会経済

九大箱崎跡地再開発、地場連合名乗り 次世代都市造成へタッグ

次世代の社会インフラを導入した「スマートシティー」の造成を目指す九州大箱崎キャンパス跡地=2020年2月、本社ヘリから

 福岡市東区の九州大箱崎キャンパス跡地を再開発する事業者の公募入札に、九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道(いずれも福岡市)の「地場企業連合」が、大手商社の住友商事と共同で参加することが分かった。ペイペイドーム7個分に及ぶ約50ヘクタールの敷地に、自動運転など先端技術を駆使した次世代モデル都市「スマートシティー」の造成を目指す。

2021 1/3 6:00
福岡社会

初売り、福袋“ノー密” 初詣は「鈴緒」なし

混雑を避けるため事前予約制となった福袋売り場=2日午後、福岡市・天神の博多大丸(撮影・宮下雅太郎)

 九州各地の百貨店や神社は2日、初売りや初詣に訪れる人たちでにぎわったが、新型コロナウイルス感染防止のため福袋は予約制となるなど例年とは異なる風景が見られた。 福岡市中央区の博多大丸は、福袋目当ての客が「密」になるのを避けるため、2万5千個のうち1万8千個分をインターネットでの事前予約や郵送で販売。

2021 1/1 6:04
福岡社会経済

福岡・新天町商店街 建物を高層化、パルコと一体開発も

新天町の地図

 創業から75年を迎える福岡市・天神の新天町商店街が、都心部の建て替え促進事業「天神ビッグバン」を活用し、再開発に乗り出す。建物を高層化した上で低層階に商店街の店舗が入る構想を軸に関係者らで協議を進めており、隣接する商業施設「福岡パルコ」との一体開発も検討。

2021 1/1 6:00
福岡社会

新天地で家族育む 横浜から福岡へ移住、理想の生活に笑顔

妻の美紀さん(右)と公園で遊ぶ長男の蒼人ちゃんを見守る南崎健太郎さん=昨年12月、福岡県篠栗町(撮影・穴井友梨)

 新居から車で5分、約1ヘクタールの芝生が広がるカブトの森公園(福岡県篠栗町)。1歳8カ月の息子が落ち葉を手に「はっぱ、はっぱ」と初めて口にした。

2020 12/31 6:04
福岡社会

衛星画像でビジネス創出 JAXA、福岡市が「だいち3号」データ活用へ

2021年度に打ち上げ予定の地球観測衛星「だいち3号」のイメージ(c)JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と福岡市が連携し、2021年度に打ち上げ予定の地球観測衛星「だいち3号」の観測データを活用したビジネス創出の支援に乗り出す。地上の状態を高精度で捉えたデータはアイデア次第で幅広い活用が期待できる。

2020 12/31 6:00
福岡社会

福岡過去最多の189人感染

福岡県庁

 福岡県では30日、新たに189人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの新規感染者数としては7月31日の169人を上回り、過去最多。

2020 12/30 6:04
福岡社会

最強寒気流入、福岡で大雪の恐れ 31日まで路面や水道の凍結に注意

積雪の影響で渋滞する道路=2016年1月25日撮影、福岡市早良区

 九州は30日から冬型の気圧配置が強まり、今季最強クラスの寒気が流れ込む影響で、30日夜から31日にかけて大雪になる恐れがある。福岡管区気象台は29日、積雪や路面凍結による交通障害、水道管の凍結などに警戒を呼び掛けた。

2020 12/30 6:00
社会文化

目の前のガラスは要らぬと泣き拗ねる コロナ禍で揺れる高齢者の心…短歌に託す

西都原古墳群を訪れ、コスモスを楽しむ加藤健二さん(左)とチヅ子さん=2019年10月、宮崎県西都市

 介護を受ける高齢者や支える介護者たちを対象とする「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」(宮崎県社会福祉協議会主催)に、今年は新型コロナウイルス禍の影響がにじむ作品が数多く寄せられた。超高齢社会を襲った未体験の災禍。

2020 12/29 6:04
福岡社会

発熱患者が殺到したら…限界寸前の救急病棟 医師「年末年始は行動慎重に」

防護衣を着用して救急患者の画像検査をするスタッフ=12月下旬、北九州市小倉北区の健和会大手町病院

 新型コロナウイルスの感染拡大で救急病院が対応に追われている。冬場に多い発熱やせきを伴う患者は新型コロナ感染症の可能性が否定できず、隔離や防護衣を着用するなどの手間が生じるためだ。

2020 12/29 6:00
社会社会

7月豪雨「小低気圧」が影響 大量の水蒸気流入、最大規模の線状降水帯

7月豪雨で線状降水帯が発生したメカニズム

 気象庁気象研究所は、7月豪雨で九州に甚大な水害をもたらした線状降水帯の発達に、天気図にも表さない「小低気圧」が影響していたとする研究結果をまとめた。梅雨前線に沿って西から九州に接近した小低気圧が大気下層の風を強め、東シナ海から運ばれた大量の水蒸気を集めたとみられる。

2020 12/28 19:34
熊本社会

熊本市中心部の飲食店に時短要請へ 第3波で九州初 熊本県「ステージ3相当」

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 熊本県内では28日までの1週間の新型コロナウイルス感染者が少なくとも263人に達し、同県が「ステージ3(感染急増)相当」と判断する基準を超えた。県は29日に対策本部会議を開き、クラスター(感染者集団)の発生が相次ぐ熊本市中心部の酒類提供飲食店を対象に、「第3波」では九州初となる営業時間短縮の要請に踏み切る見通し。

2020 12/28 6:00
大分社会

子を絶壁から投げ…サイパン「非戦闘員」が見た戦争と抑留

高瀬潔さん

 太平洋の常夏の島、サイパンは第2次世界大戦中の1944年、日米両軍の激しい攻防の舞台となった。戦闘には関与しない役人や民間人も多く滞在。

2020 12/28 6:00
熊本社会

【動画あり】港彩る虹の弧 天草・牛深ハイヤ大橋

虹色にライトアップされた牛深ハイヤ大橋(ドローンで撮影・佐藤雄太朗)

 コロナ禍でふさぎ込みがちな人々の心を癒やそうと、熊本県天草市の天草宝島観光協会などが、牛深ハイヤ大橋(同市牛深町、全長883メートル)を虹色にライトアップした。年の瀬の港町に鮮やかな弧が描かれ、訪れた人たちから感嘆の声が漏れた。

2020 12/27 6:00
社会教育

コロナ禍の大学入試、感染増にやきもき 九大は選抜方法変更も

マスク姿の受験生が目立った今年2月の佐賀大の試験会場。2021年度入試は各大学で一層の感染対策が進められている

 九州の各大学が新型コロナウイルスの感染動向に気をもんでいる。本格的な入試シーズンに入る年明けのまん延を想定し、選抜方法の見直しや一層の感染対策を検討するほか、多くの受験生が欠席する事態にも備える。

2020 12/26 6:00
福岡経済

スターフライヤー 最大110億円調達、地場企業など出資へ

スターフライヤーの航空機エアバスA320=2020年9月

 スターフライヤー(北九州市)は25日、投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP、東京)のグループ会社やANAホールディングス、TOTOや安川電機など地場企業12社を引受先とする第三者割当増資などを実施し、最大110億円の資金調達を行うと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の落ち込みで業績が急速に悪化しており、財務体質の改善に踏み切る。

2020 12/25 6:00
政治

国会、国民軽視許されない 憲政史に残る汚点だ

国会議事堂

 時の宰相が自身の主催する公的行事に便乗し、地元有権者への「接待」を繰り返していた-。「桜を見る会」前日の夕食会費用補填問題が浮き彫りにした事実の核心は、そういうことではないか。

2020 12/24 6:00
福岡社会

コロナ禍の生活に抱く不安…年末年始「自粛」広がる 通信員アンケート

年末年始、控えようと思っていること

 国内で新型コロナウイルスの累計感染者が20万人を突破し、「第3波」の流行が衰えない中、西日本新聞「あなたの特命取材班」は無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを実施した。緊急事態宣言が発令された4月と比べて、生活が「苦しくなった」と答えた人が半数を超え、7割弱が年末年始に旅行や初詣を控えると回答。

PR

PR

注目のテーマ