子どもに明日を
まとめ

「子どもに明日を」 (2ページ目)

九州に暮らす子どもの2割が貧困状態にあると推測される。親から続く貧困の連鎖、虐待、教育格差。子どもたちが直面する問題を掘り下げ、「明日」に向けた解決策を探る。

2021 3/9 11:30
長崎社会

子ども食堂などに米1180キロ寄贈 JAながさき西海

子ども食堂関係者へ手渡された米

 JAながさき西海(長崎県佐世保市)は、新型コロナウイルスの影響で困窮する子どもらを支援しようと、子ども食堂や児童養護施設などへ米1180キロを贈った。市社会福祉協議会を通じて寄贈を申し出た。

2021 3/6 11:30
福岡社会

芦屋町で子ども食堂オープン 金曜日に夕飯提供、学習支援も

食堂のオープンでのれんを掲げる山元さん

 子ども食堂「もあはぴ食堂」が5日、福岡県芦屋町にオープンした。食事を十分に取っていない子どもがいることを知った同町の建設会社社長の山元彪ノ介さん(48)が、本業の事務所を移転した後を改装して開いた。

2021 3/2 11:30
福岡社会

吉野家が子ども食堂に牛丼提供 毎月1カ所、北九州市

牛丼を受け取る親子(左側)

 牛丼チェーン「吉野家」が、北九州市内の子ども食堂に牛丼の無償提供を始めた。毎月、子ども食堂1カ所に最寄りの店舗が必要な分を用意する。

2021 2/25 6:00
熊本社会

コロナで熊本県の子ども食堂、半数が休止

イメージ

 新型コロナウイルス禍の影響で、無料や格安で食事を提供する県内の「子ども食堂」88団体(1月末現在)のうち43団体が活動を休止していることが分かった。経済活動の低迷で困窮する家庭が増える中、「支援の窓口」ともなる子ども食堂の必要性は高まっており、熊本県は支援策を講じている。

2021 2/11 11:30
福岡社会

ゆくはしこども食堂が5周年 13日に弁当無料提供

米やインスタント食品を無料配布に向けて準備する江本満代表

 福岡県行橋市のまちづくり団体「行橋未来塾」(江本満代表)は、運営する「ゆくはしこども食堂」の開設5周年を記念して13日夕、ひとり親家庭や買い物難民の高齢者などを対象に食品を無料提供する。弁当100個(1人1個)や米(1世帯5キロ)、インスタント食品、チョコレートなどを用意。

2020 12/15 8:00
社会

イオンがこども食堂を継続支援へ NPOと連携しプロジェクト開始

イメージ

 イオンは14日、全国の子ども食堂を継続的に支援するプロジェクト「イオンこども食堂応援団」を始めた。収益の一部を寄付するほか、店舗スペースを活動場所に提供したり、店頭で募金活動に取り組んだりする。

2020 11/29 6:04
福岡社会

子ども食堂の輪、県境超えて 九州・沖縄で全国初のネットワーク結成

意見交換を行う九州・沖縄の子ども食堂支援団体の関係者ら=28日、北九州市若松区

 九州・沖縄の子ども食堂支援団体が28日、北九州市で会合を開き、県境を超えて連携する「九州沖縄こども食堂ネットワーク」(仮称)を結成することで合意した。新型コロナウイルスの影響で子ども食堂の運営は厳しさを増しており、食材を融通し合ったり、ノウハウを共有したりする。

2020 11/15 11:00
福岡

食品ロス削減 子どもの貧困防止へ「フードバンク飯塚」誕生 

「フードバンク飯塚」の理事長に就任する井上節子さん。自宅玄関には、提供を受けた食材が保管されている

 まだ食べられるのに廃棄されている食品を企業などから提供してもらい、生活困窮家庭や子ども食堂に無償で届ける「フードバンク」が福岡県飯塚市で立ち上がる。運営を担う団体「フードバンク飯塚」が16日、市内で設立総会を開く。

2020 10/10 6:00
福岡社会教育

児童養護施設出身者に入試枠 福岡・筑紫女学園大が来年度創設

イメージ(本文とは直接関係ありません)

 筑紫女学園大(福岡県太宰府市)は、2021年度入試から、児童養護施設や里親家庭で暮らす子どもを対象とする学校推薦型選抜(推薦入試から改称)を創設する。同大によると、養護施設などの子どもに限った入試枠は、九州の大学では初めてで全国的にも珍しい。

2020 6/14 6:04
福岡

「苦しい時こそ」北九州の居酒屋 子ども食堂に無償で弁当

子ども食堂に弁当を届けた村田さん(左から2人目)

 北九州市小倉北区魚町の居酒屋「元気也」が、子ども食堂への弁当の無料提供を始めた。新型コロナウイルスの影響で売り上げは激減したが、給食がなくなるなどして困っている子育て世帯に食料を提供する子ども食堂の活動を知り、「みんな大変な今だからこそ支え合いたい」と支援に踏み切った。

2020 5/23 6:04
福岡社会

子ども食堂再開、満腹の笑顔「ほっとした」 北九州市 新規相談も

マスク、手袋を着用した子ども食堂のスタッフから弁当を受け取る親子連れ=22日、北九州市若松区

 新型コロナウイルスの影響で休止していた北九州市の子ども食堂が再開し始めた。市はコロナ禍で食事に事欠く親子が少なくないとみて、市内の30施設に再開を要請しており、順次再始動する見通しだ。

2020 3/3 15:27
くらし

子ども食堂、本来の姿は「多世代交流の場」 高齢者の孤立解消にも

子ども食堂を広げることの意義を語る湯浅誠・東京大特任教授

 「子ども食堂」が増えている。民間団体の調査では全国で3718カ所(2019年)に上り、前年の1・6倍に。

2020 2/9 6:04
福岡社会

PTAで直面した貧困が原点…“毎日”開く子ども食堂、開設した主婦の思い

笑顔で子どもたちと話す清田尚美さん(中央)=福岡県岡垣町

 平日は毎日、朝と夕方に開店する子ども食堂「こころ食堂」が福岡県岡垣町桜台にオープンし、地域の小学生やお年寄りたちの居場所になっている。近くの主婦清田尚美さん(60)が「おなかをすかせた人を一人でも減らしたい」と、居酒屋だった空き店舗を改装し、食事と勉強のスペースを設けた。

2020 1/18 6:00
社会

16歳でホームレスに…正社員になり持てた夢「絶対に諦めない」

資格取得のため、日々勉強に励む優。試験対策問題を書き写したノートは3冊目になった=昨年11月、福岡県内

 「頑張って正社員になりたい」。4年前、こう語っていた福岡県内に住む優(23)=仮名=は、当時勤めていた県内の空調設備会社を辞めていた。

2020 1/17 6:00
社会

「ちゃんと育てられているだろうか」震災で転落、踏ん張る母

食費を切り詰めて節約する真実。冷蔵庫は見切り品の食材であふれる=昨年11月、熊本市内(写真の一部を加工しています)

 「おなかすいたよ」。昨年11月下旬の深夜、熊本市のアパート。

2020 1/16 6:00
社会

母と子3人、所持金200円…一家のその後 消えた命の食堂

昨年11月18日時点で、給料口座の残高はわずか82円。梓一家は今もぎりぎりの生活を送る=昨年12月、長崎県内(写真の一部を加工しています)

 4年前、所持金がわずか200円だったシングルマザーの梓=当時(42)=と出会った子ども食堂は、空き家になっていた。 「もっと続けたかったんだけどね」。

2020 1/8 6:00
佐賀社会

アプリで寄付、子ども食堂無料に 佐賀・みやき町で全国初運用

イメージ(写真と本文は直接関係ありません)

 佐賀県みやき町は7日、スマートフォンのアプリを使って寄付を募り、町内の高校生以下の子どもたちに地元飲食店の料理を無償で提供するサービスを始めた。名付けて「みやき町子ども食堂」プロジェクト。

2019 11/7 6:00
福岡社会

フードバンク支援足踏み 県協議会発足半年 リスク危惧、協力14社

食品を車に詰め込むフードバンク団体のメンバー=9月13日、福岡県太宰府市

 困窮家庭や子ども食堂に食品を届けるフードバンク団体を支援する一般社団法人「福岡県フードバンク協議会」が4月に発足して半年が過ぎた。県内を中心に協力企業の開拓に取り組むが、食品提供の協定を結んだのは6日現在、14社にとどまる。

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR