とっておきの旅
連載

「とっておきの旅」 (3ページ目)

グルメ、テーマパーク、文化、自然など旅の目的別や地域別に記者の旅行記を掲載します。

2018 11/19 16:25
くらし

直島(香川県) 島は丸ごとミュージアム

直島を象徴する「赤かぼちゃ」は格好の写真スポット。多くの観光客が思い思いに撮影を楽しんでいた

 日本有数の大型客船「にっぽん丸」。博多港からも各地に就航しており、船旅を楽しんでみたくて宇野港(岡山県玉野市)に向かう1泊2日のクルーズに参加。

2018 10/29 14:04
くらし

大分・国東半島 秘境に秋の訪れ

文殊仙寺に至るまでの道で出会った仁王像。苔むした姿に年月を刻んできた風格を感じる

 九州の北東部、海に丸く突き出た形の大分県・国東半島。豊かな自然に恵まれたこの地には、独特の山岳宗教文化が受け継がれてきた。

2018 10/22 14:21
くらし

北欧を巡る<下>鉄器時代のファンタジー フィンランド

岩盤をくり抜いて造られたテンペリアウキオ教会。2階から眺めると銅板の屋根の存在感も大きい

 北欧最後の目的地はフィンランドの首都ヘルシンキ。エストニアの首都タリンから空路で海を超え、見えてきた陸地に山はほとんどない。

2018 10/15 14:19
くらし

北欧を巡る<中>海のホテルは庶民の宿 エストニア

ストックホルムに停泊する「バルティック・クイーン号」 

 北欧を巡る旅の次の目的地、エストニアには、バルト海周辺国で親しまれる「海のホテル」を使って移動した。定期クルーズ会社「タリンク&シリヤライン」は、船内1泊の気軽な船旅を中心に運航、年に約970万人が利用している。

2018 10/8 13:13
くらし

北欧を巡る<上>荘厳 偉人たちの歴史 スウェーデン

ストックホルム市庁舎の「黄金の間」。荘厳な雰囲気に圧倒される

 夏季限定で福岡空港から北欧への直行便がある。行き先はフィンランドの首都ヘルシンキ。

2018 10/1 16:16
くらし

釜山・大邱(韓国) 溶け合うモダンと歴史

ワイヤ工場をリノベーションした施設に入る釜山のカフェ。ワイヤを巻いていたボビンがオブジェのように飾られている

 福岡市から見れば釜山はもう「海を挟んだ隣街」のような感覚かもしれない。韓国通の友人が会員制交流サイト(SNS)に載せていた釜山のカフェや料理の写真が心にとまり、旅のアドバイスをもらおうと連絡してみると「今はちょうど大邱に滞在中」とのこと。

2018 9/17 15:05
くらし

平渓線をガタゴト行けば 台湾

十分駅では、線路のすぐそばで多くの観光客が記念撮影をしていた

 ガタンゴトン。心地よいリズムで揺れる列車は、あるときは緑あふれる渓谷沿いを進み、またあるときは軒を連ねる商店の合間を縫うように走る。

2018 8/27 13:42
くらし

韓国・公州 百済にタイムスリップ

麻谷寺本堂に続く階段には世界遺産登録を願う人から寄せられた提灯が下げられていた

 韓国といえばソウルや釜山でショッピングやグルメを楽しむのもいいけれど、歴史を感じながら、しっとり旅情に浸れる場所もいい。九州とも縁が深い百済の遺跡がある公州市では、2015年に世界文化遺産に登録された「百済歴史遺跡地区」、18年登録の「山寺、韓国の山地僧院」を構成する資産をたどることができる。

2018 8/13 13:48
くらし

韓国・済州島 火山島は激アツ

景勝地の龍頭海岸では、海沿いに切り立つ崖の間を散策できる

 厳しい暑さが続く夏は、海外のビーチリゾートでゆっくりしたい。そんな人にぴったりなのが、朝鮮半島の南西に浮かぶ韓国・済州島だ。

2018 8/6 16:00
くらし

五島列島、共生の歴史 長崎

赤れんが造りの堂崎教会。キリシタン資料館として活用されている

 6月末、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。まだ世界遺産登録を目指していた数年前、建築様式の美しさに引かれて五島列島の教会群を訪れた。

2018 7/23 13:39
くらし

京都市 酷暑の古都で維新の風

国の重要文化財に指定されている角屋

 今年は明治維新から150年。NHK大河ドラマで「西郷(せご)どん」が放送されるなど、維新の時代に活躍した志士たちが注目を浴びている。

2018 7/2 15:26
くらし

チャンギ国際空港(シンガポール) 無料スポットで遊ぼう

花や緑があふれるチャンギ国際空港。休憩できるスペースも多く、マッサージ機も無料で使うことができる(手前)

 アジア有数のハブ空港で、世界の空港ランキングで6年連続1位(英航空関連調査会社「スカイトラックス」調べ)を獲得しているシンガポールのチャンギ国際空港。取材でシンガポールを訪れた折、帰りの飛行機までの待ち時間(約4時間半)を使って空港内での楽しみ方を探った。

2018 6/11 13:50
くらし

沖縄 米国に一番近い島

辺野古の美しいビーチの向こうで工事が進んでいた

 沖縄出張の空き時間。どう過ごすか悩んでいると、仕事で知り合った沖縄大学の組原洋名誉教授からお誘いを受けた。

2018 5/28 14:32
くらし

ソウル(韓国) ディープな穴場を歩く

多くの買い物客でにぎわう望遠市場

 「フィンランドに行った」「ハワイは楽しかった」。近頃、周囲で海外旅行の話をよく聞く。

2018 5/7 10:11
くらし

プルゼニ(チェコ)〈下〉 ピルスナー発祥の地

「プルクミストゥル」はホテルでありながら醸造所、レストランも併設。造りたてのビールが味わえる

 チェコは「ビール王国」として知られる。キリンビールの調べでは、1人当たりのビール消費量(2016年)は世界1位で、その量は日本の3・5倍に上る。

2018 4/30 14:07
くらし

カルロビバリ(チェコ)〈上〉 内側から癒やす温泉街

川からは湯気があがり温泉街の風情を漂わせる

 チェコでの旅行先といえば首都プラハが思い浮かぶ。記者も20年ほど前、1度だけチェコを旅した。

2018 4/16 15:23
くらし

釜山(韓国) 空中散歩 海ひとまたぎ

海上ロープウエーからの眺めは絶景だった

 福岡空港から飛行機に乗り、約50分で到着する韓国・釜山。日本から気軽に行ける「海外」として人気の観光地だ。

2018 3/19 15:29
くらし

オーロラの地〈下〉 ホワイトホース(カナダ) 犬ぞり 銀世界を走れ

荷台部分に座り、林道を進む犬ぞりから見える景色。雪に覆われた白銀の世界が後方に流れていく

 冬を迎えたカナダ・ホワイトホースの魅力はオーロラ鑑賞だけではない。この旅で最も楽しみにしていたのが犬ぞり体験だ。

2018 3/12 15:23
くらし

オーロラの地〈上〉 ホワイトホース(カナダ) 神秘の光、星と共演

飛行機の窓から見えたオーロラ。撮影するのは難しいため、三脚などの準備が必要だ

 オーロラの観賞地として知られるカナダ・ユーコン準州の州都ホワイトホース。冬が訪れた当地を訪ね、地上からのオーロラ撮影のみならず、カナダ初の試みとなる旅客機を使った観賞フライトに参加し、空撮に挑戦した。

2018 2/26 14:15
くらし

桜島(鹿児島県) 冬の威容 新しい魅力

桜島は鹿児島市中心部から、フェリーでわずか15分

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の放映に伴い、観光客の誘致に力を入れる鹿児島市。雄大で、地元の人々の精神的な支柱でもある桜島は、古くて新しい観光スポットだ。

PR

PR

注目のテーマ