つなぐ沖縄戦
コーナー

「つなぐ沖縄戦」

地上戦の体験者は減り、沖縄県民の9割は戦後生まれになった。体験者の思いをどうつなぐのか。戦後世代の取り組みから沖縄戦と平和を考える。 

2020 6/24 6:00
社会社会

「24万人の名前が沖縄戦の語り部」 戦没者調べた89歳男性

「これだけの戦没者の名前を前にすれば誰も戦争を肯定することはできないはずだ」と語る大城藤六さん=23日午前11時すぎ、沖縄県糸満市

 大粒の雨は、75年前の沖縄戦で失った最愛の人を悼む涙のようだった。慰霊の日の23日を迎えた沖縄は、各地で慰霊祭や追悼式が営まれ、鎮魂の祈りに包まれた。

2020 6/23 6:00
社会

「戦世」終わらせるために 沖縄戦生き抜いた91歳、バトン託す

「戦争体験者がいなくなっても平和の継承活動は続けなければならない」と語る元白梅学徒隊の中山きくさん=那覇市

 16歳だった女学生は91歳になり、沖縄戦を生き抜いた友が一人、また一人と逝く。「戦争体験者がいつかゼロになるのは当然よ」。

2020 6/22 6:00
社会

地中に眠る形見捜して 戦後世代が担う収集作業

地中に眠る遺骨や遺品を捜す南埜安男さん。年間250日はガマや壕に入る=沖縄県糸満市

 熊本県あさぎり町で建設業を営む山口栄治さん(64)の元に昨夏、小包が届いた。中には丁寧に緩衝材でくるまれた砥石(といし)が一つ。

2020 6/21 6:00
社会

味方に殺されたなんて…沖縄戦、17歳少年兵の残酷な最期

高江洲義英さんが亡くなる約2年前に撮影した国民学校高等科の卒業写真。後列左から4人目が義英さん

 茶封筒から取り出した一枚のモノクロ写真。丸刈りの少年とセーラー服を着た少女たちが緊張した面持ちで並んでいる。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR