まとめ

「まちづくり」

「まちづくり」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2022 1/17 6:00
福岡

福岡市都市景観賞、大賞に「大濠テラス」New

大賞に選ばれた「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。~」(福岡市提供)

 福岡市は13日、都市の魅力アップに貢献している建築物などを表彰する「第29回市都市景観賞」の受賞作を発表した。大賞には2020年に大濠公園(中央区)にオープンした「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

2022 1/15 6:02
福岡社会

遠賀川“地域史の証人”どこへ 堀川造成の歴史刻む碑、移転先見通せず

移設先が論議されている遠賀川疏水碑

 北九州市が進めるJR折尾駅(八幡西区)周辺の土地区画整理事業に伴い、堀川造成の歴史を刻んだ遠賀川疏水(そすい)碑(同区北鷹見町)の移設先が論議されている。碑を所有する河守神社(水巻町吉田東)は、新設される南北の駅前広場のどちらかへの設置を希望。

2022 1/15 6:00
経済福岡

新福岡ビル、国の都市再生事業に認定 金融支援や税制優遇

西日本鉄道が建設する「新福岡ビル(仮称)」の完成イメージ図

 国土交通省は14日、福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」の一環として、同市・天神で建設が進む新福岡ビル(仮称)について、国の民間都市再生事業計画に認定したと発表した。金融支援や税制上の優遇措置を受けられる。

2022 1/14 11:30
大分連載

「逃れ、忘れ去りたかった」日田は「安心して帰れる」故郷に

日田市の自由の森大学事務局で笑顔を見せる筑紫哲也さん=1999年12月

 1997年10月、ジャーナリスト本多勝一が「自由の森大学」の講師として日田市を訪れた。学長筑紫哲也とは朝日新聞時代の同僚で、身の危険を感じて普段からサングラスを掛け変装していた本多は筑紫に尋ねたことがある。

2022 1/14 6:02
福岡経済熊本

「川は怖いだけじゃない」被災の球磨川下り再生にリノベグランプリ

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021」で総合グランプリに輝いた熊本県人吉市の「HASSENBA HITOYOSHI KUMAGAWA」(タムタムデザイン提供)

 優れた改修物件に贈られる「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021」で、設計会社「タムタムデザイン」(北九州市小倉北区)が総合グランプリに輝いた。2020年7月の熊本豪雨で被災した熊本県人吉市の球磨川下り発船場を改修した観光施設が、全国228作品の中から選ばれた。

2022 1/12 6:00
経済福岡

NEC、天神ビジネスセンター最上層に新オフィス 働きやすさ追求

NECが公開した天神ビジネスセンターの新オフィス。テントタイプの打ち合わせスペースなどが目を引く=11日、福岡市・天神

 NECは11日、福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」規制緩和第1号として昨年完成した天神ビジネスセンター(BC)最上層の17~19階に移転・統合した新オフィスを公開した。座席を固定しないフリーアドレスを採用し、各所に植物を配置するなど従業員が働きやすいオフィスを追求した。

2022 1/11 11:30
熊本社会政治

熊本・相良村の住宅高台移転補助金 第1号100万円を交付

高台に新築した自宅前で補助金の目録を受け取る西村俊則さん(中央)

 熊本県相良村は、2020年の熊本豪雨で浸水被害を受け、高台に自宅を移転・新築した住民男性に独自の補助金100万円を交付した。浸水想定区域外への家屋移転を進めるため、村が創設した補助制度の活用第1号となった。

2022 1/8 6:00
経済福岡

福岡・天神のまちづくり応援 西シ銀が私募債 発行額の0.2%を寄付

 西日本シティ銀行(福岡市)は福岡市・天神地区のまちづくりを支援する私募債の取り扱いを始めた。発行額の0・2%相当分を官民組織「We Love 天神協議会」(同)に寄付する。

2022 1/6 11:30
熊本

くまモン宛て年賀状、国内外から5291通 みんなに返信するモン

熊本県庁に届いた年賀状を手に喜ぶくまモン

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」宛てに、今年も国内外のファンから年賀状が届いた。「コロナに負けず頑張って」「いつも元気をありがとう」-。

2022 1/6 11:30
熊本

色鉛筆と水彩で「寅」描く サクラマチに画家・森口さんの作品展示

サクラマチメインエントランスで展示中の「寅」の絵画

 熊本市中央区の大型商業施設「サクラマチ クマモト」1階メインエントランスで、色鉛筆と水彩絵の具で今年の干支(えと)の「寅(とら)」を描いた作品が10日まで展示されている。 昨年末、同施設で開催されたライブペイントで球磨郡出身の色鉛筆画家森口慶一さんが制作した。

2022 1/6 6:02
福岡佐賀連載

肥前と筑後、同じ平野の交流史を解明

クロスロード文化研究会の藤瀬禎博さん。県境を越えた郷土史の研究に力を注ぐ

 「肥前の鳥栖と筑後の小郡は、国は違えど、弥生時代から文化的に近い。農業用水を巡るいさかいもあったが、この井堰(せき)は『友好の象徴』です」。

2022 1/5 6:02
大分福岡社会

「毎日楽しくて仕方ない」古希の玖珠町協力隊員は福岡から単身赴任中

古賀博明さん

 4日に古希を迎えた。「全国最高齢の地域おこし協力隊員」とアピールする大分県玖珠町の活動にも、そう違和感はない。

2022 1/5 6:02
福岡佐賀連載

中州の南半分は佐賀「県境の島」の地域おこし仕掛け人

古民家を改装した自身のレストランで、古里・大野島への思いを語る八田祐樹さん。「島だからできる」

 福岡と佐賀を隔てる筑後川の中州に、大川市大野島地区はある。橋を渡れば佐賀市。

2022 1/4 6:02
福岡

九州大生がコロナ下の地域活動学ぶ 久留米・江上校区を訪問

九州大の学生に資料を見せる池口さん(右手前)

 九州大教育学部(福岡市)の学生ら7人が昨年12月24日、コロナ禍の中で地域学習施設がどんな活動をしているか学ぶため、久留米市城島町の江上校区コミュニティセンターを訪れた。校区まちづくり委員会の池口隆会長(71)が、20年からオンラインでの情報発信に力を入れていることを説明した。

2022 1/3 11:30
佐賀政治

唐津移住促進へ「空き家」相談窓口 NPO、希望者とマッチング図る

相談を受ける唐津Switchの斎藤麻以子さん(右)と関彩乃さん

 佐賀県唐津市のNPO法人「唐津Switch(スイッチ)」が同市への移住促進事業の一環として、使用していない家屋に関する相談窓口を開設した。市内にある空き家を所有、管理、相続を受ける人などが対象。

2022 1/1 6:00
福岡

「とにかく居心地がよかった」天神ランチ、思い出のあの店

あなたの思い出の天神ランチの店は…

 働く場所も、ショッピングの場も、憩いの場も、ぎゅっと詰まった福岡・天神は、老若男女が集う街だ。そんな皆を受け入れる天神を象徴するかのような小さな店が、再開発エリアにかつてあった。

2022 1/1 6:00
福岡経済

「天神らしさ」守るビッグバンとは 九大・黒瀬教授が考える都市デザイン

「天神の強みは多様性」と強調する九州大人間環境学研究院の黒瀬武史教授

 九州一の商都で進む天神ビッグバン。古い建物が姿を消す一方、高層ビルが競うように建ち、街は様変わりする。

2022 1/1 6:00
福岡

「いいでしょ?福岡」HKT48田島芽瑠さん、変化続ける福岡へラブレター

HKT48の田島芽瑠さん

 HKT48は昨年秋に10周年を迎え、11年目に入りました。5周年の時に天神コアの屋上でイベントをさせていただいたのは、とてもいい思い出です。

2022 1/1 6:00
福岡経済政治

「ダイナミックに変わる」福岡市長が語る2022年の天神ビッグバン

西日本新聞のインタビューに応じる高島宗一郎福岡市長=昨年12月、福岡市・天神(撮影・帖地洸平)

 福岡市の高島宗一郎市長が西日本新聞の新春インタビューに応じた。市の再開発促進事業「天神ビッグバン」が進み、今年12月には米系高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が入る高層ビルが大名小跡地(中央区)に完成予定。

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR