大義なき戦争 アフガン侵攻から20年
連載

「大義なき戦争 アフガン侵攻から20年」

「米史上最長の戦争」とは何だったのか。米中枢同時テロから20年。テロ組織壊滅と民主化を目指した米国の長年の取り組みは、完全に破綻した。帰還兵、遺族の証言から意義を問う。

2021 9/1 6:00
国際連載

日常にあった戦争、父の記憶ない子たち…問い続ける犠牲の意味

大義なき戦争 アフガン侵攻から20年

 米西部ワシントン州に住むリサ・ハレット(40)は日課のランニング中に、アフガン政府崩壊のニュースを知った。立ち止まり、涙があふれ出た。

2021 8/31 6:00
国際連載

「この戦争は成功しない」と確信させられたアフガン人の言葉

大義なき戦争 アフガン侵攻から20年

 2001年9月の米中枢同時テロが起きたとき、米南部ジョージア州に住むダン・バーシンスキー(37)は陸軍士官学校の受験を控えていた。軍がすぐに戦争に踏み切ることは予想でき、卒業するまでには終わっているだろうと思っていた。

2021 8/30 6:00
国際連載

女性迫害、拷問、アヘン…アフガンで打ち砕かれた「正しい戦争」

大義なき戦争 アフガン侵攻から20年

 アフガニスタンの首都カブールが陥落した15日、米中西部カンザス州に住むダニー・ショルセン(38)は自宅近くのバーにいた。気分は最悪だった。

PR

PR