コーナー

「記者:福間慎一」

「記者:福間慎一」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 11/28 11:24
福岡社説・コラム経済

駄菓子屋のおばちゃんが、冬も戸を閉じない理由

店の奥に腰掛けることが多くなったが、徳島輝子さんは変わらず元気だ

 かつて多くの町に点在し、子どもたちの社交場だった駄菓子屋。小遣いをやりくりし、お金の使い方を学ぶ場でもあった。

2019 10/24 9:52
福岡

【やさしい日本語】がいこく から きた ひと の ための、がっこう や きょういく の そうだんかい

やさ西ロゴ再jpg

日本(にっぽん) の  教育(きょういく) の  決(き) まりや  しくみは、外国(がいこく) とは  違(ちが) います。10月(がつ) 27日(にち) 、  福岡(ふくおか) 市(し) で、学校(がっこう) や  教育(きょういく)   についての  相談(そうだん) 会(かい) が  あります。

2019 10/24 9:21
福岡

外国にルーツがある子どもの就学・進路相談会 27日、福岡市早良区で

 NPO法人「ともに生きる街ふくおかの会」は、外国にルーツを持つ子どもの就学・進路相談会を27日午後1時から、福岡市早良区城西の福岡YWCAで開く。就学前の幼児から高校生までの教育相談を中国語、英語、フィリピノ語、韓国・朝鮮語、スペイン語のほか、外国人にも分かりやすい「やさしい日本語」で受ける。

2019 10/15 12:00
九州ニュース社会社説・コラム

広がる「オンデマンド調査報道」 ローカル・メディア、協働で面白く 新聞週間始まる

広がるJODパートナーシップ

 あなたの暮らしにとって新聞は身近な存在ですか。読みたくなる、もっと知りたい記事や出来事は載っていますか。

2019 9/13 12:00
福岡社会

都市高速でバス立ち乗りなぜOK? 福岡の日常に衝撃受ける人も 1日2720本、西鉄に聞いた

天神北入口から都市高速に入る西鉄バス

 「福岡都市高速道路を走る路線バスに、お客さんが立って乗っていて驚いた。あれ、大丈夫なんですか?」。

2019 9/11 22:02
九州ニュース政治

あな特通信員 期待の閣僚は?  最多は小泉氏、河野氏は「毅然」

小泉進次郎氏

 第4次安倍再改造内閣が11日に発足したことを受けて、西日本新聞あなたの特命取材班は、LINEでつながる全国約1万1千人の通信員(フォロワー)に、新閣僚に期待することなどを聞くアンケートを実施した。全国の1065人が回答。

2019 8/30 18:33
福岡佐賀教育

大雨時「警戒レベル4」以上なら自動的に休校 福岡市の市立高校が判断見直し 福岡県教委は対応検証

冠水が続き、遮断機が降りたまま鳴り続ける踏切=29日午前8時半ごろ、佐賀県大町町(撮影・金子晋輔)

 九州北部の記録的大雨で気象庁が28日に福岡県などに大雨特別警報を発表した際、福岡市内の公立高校で臨時休校の判断が分かれたことなどを受け、同市教育委員会は、生徒の安全を最優先することを四つの市立高に再確認した。このうち福翔高は、避難勧告や土砂災害警戒情報など「警戒レベル4」以上なら学校から連絡がなくても休校とすることを生徒や保護者に通知した。

2019 8/28 13:43
九州ニュース社会教育

大雨、休校の判断はいつ? 決定後に「もう登校した」嘆きも

佐賀市中心市街地の中央大通りも冠水し、立ち往生する車も相次いだ=28日午前9時半ごろ、佐賀市

 「広い範囲で数十年に一度の大雨が降る恐れがある」として気象庁が福岡、佐賀、長崎3県に大雨特別警報を発表した28日、福岡県や長崎県の読者から「小中学校は臨時休校なのに、高校はなぜ学校で対応が分かれるの?」と、あなたの特命取材班に疑問の声が寄せられた。 福岡県に住む女性によると、28日朝、高校生の子どもが自宅を出た後の午前7時20分に学校から「11時まで自宅待機」という連絡があった。

2019 8/17 12:00
九州ニュース鹿児島文化

薩摩からロシアへ、世界初の露日辞典の著者・少年ゴンザを捜して

ゴンザの死から18年後に建設が始まったショッピングモール「ゴスチーヌイ・ドヴォール」のアーケード。古都には18世紀の面影が多く残っている

 今から300年ほど前、ダミアン・ポモルツェフという少年がいた。生まれは薩摩、本名はゴンザ。

2019 8/2 6:00
社会

掲載されず封印?広島被爆直後の写真、未公開4枚見つかる 西日本新聞取材班が撮影か

焦土化した広島市を西日本新聞記者が撮影したとみられる写真。中央右奥が市役所と推定される。当時の報道の慣習で、焼けた木や残骸の輪郭を強調する修正加工が施されている

 広島に原爆が投下された1945年8月6日の翌日から数日後にかけて、西日本新聞の記者が現地で撮影したとみられる写真が見つかった。本紙のデータベースに収蔵されていた撮影場所・時期不詳の写真を、広島原爆の報道に詳しい西本雅実・中国新聞特別編集委員の協力で分析。

2019 8/1 10:30
社会

被爆直後、女性記者が見た惨状 「そこは地獄絵図」21歳で広島入りし取材 戦後は闘病、79年の生涯

「日本新聞報」1944年11月11日号に掲載された福永トシ記者の寄稿「働く女性善導」(金沢文圃閣刊「戦時戦後の新聞メディア界―『日本新聞報』附・『満洲新聞協会報』第4巻より)

 太平洋戦争末期、男性記者に召集令状が相次いで届き人手不足となった西日本新聞では、十数人の女性記者が取材活動をしていたとみられる。1945年8月6日の広島原爆では、当日夕から7日にかけて記者たちが現地入りした。

2019 7/30 10:00
文化くらし

【旅】ロシア・サンクトペテルブルク 北緯60度  歴史が凝縮した古都の「ベストシーズン」を歩く

午後11時すぎ、ようやく日が落ちたサンクトペテルブルクの中心部。皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に建つ「血の上の救世主教会」(奥)がうっすらと浮かび上がっていた

 バルト海に面するロシア第2の都市、サンクトペテルブルク。欧風の文化を取り入れた古都は、世界屈指の観光地でもある。

2019 7/13 14:12
福岡社会

中洲見守る玉屋の明かり ゲイツ入り口にレトロなランプ 閉店20年、「記念」で残る

「ゲイツ」の玄関を飾る二つのランプ=10日午後、福岡市博多区中洲

 ライブハウスやバー、書店などが入居し、外国人観光客も多く訪れる福岡市博多区中洲の複合商業施設「ゲイツ」。正面入り口に、近代的な建物とは少し不釣り合いなランプが二つあるのをご存じだろうか。

2019 7/11 6:00
福岡経済

“かぶりモノ”が街を語る ギンギラ太陽’s最新作「路線なき戦い2019年版」18日から西鉄ホールで

西鉄バスの「かぶりモノ」を着け、見どころを語る大塚ムネトさん

 福岡市を拠点に活動する劇団「ギンギラ太陽’s」の最新作「路線なき戦い 2019年版『空に消えたロープウエー』」が7月18日~21日、福岡市・天神の西鉄ホールで上演される。デパートやスーパーなどの「かぶりモノ」たちが福岡の街を語る同劇団だが、今回の主役は、いつもは脇役の交通機関たち。

2019 7/10 6:00
九州ニュース社会

かんぽ二重払い、本紙報道後に憤りの”告発”が続々 現職郵便局員ら「現場は限界」

かんぽ生命保険の関係者から、多くの「告発」が寄せられた

 かんぽ生命保険が顧客に不利益となる契約を繰り返していた問題で、この事実を報じた西日本新聞に、現職の郵便局長を含む日本郵政グループ関係者から50件を超す「内部告発」や憤りの声が寄せられている。 「現役の郵便局長をしております。

2019 6/22 6:00
社会社会

「やさしい日本語」にどう向き合う 先立つのは相手を思う「公平な耳」 一橋大・庵功雄教授に聞く

インタビューに答える庵功雄・一橋大教授

 入管難民法改正に伴い、日本で働く外国人のさらなる増加が見込まれる中、日本語が苦手な外国人にも伝わりやすい「やさしい日本語」がコミュニケーション手段として注目されている。加速する「移民社会」で住民との共生を支える「やさしい日本語」に私たちはどう向き合えばいいのか。

2019 5/31 6:00
経済

採用難の地方中小企業、できることは 「社長チップス」生んだ社長に聞く「必要なのは思考のアップデート」

エスプライドの西川世一社長

 就職、採用の現場では「売り手市場」が続いている。就職情報サイトの調査では、2020年大卒予定の内定率は5月1日時点で50%を超えた。

2019 5/21 6:00
社会

字幕付き動画始めました 「やさしい日本語」ニュース

「やさしい日本語」ニュース動画の一場面

 西日本新聞がウェブサイトで発信している「やさしい日本語」ニュースに、日本語が苦手な人にもさらに伝わりやすい字幕付き動画が加わりました。動画は順次、追加します。

2019 4/2 6:00
社会

共生へ鍵は「寛容さ」 「やさしい日本語」シンポ詳報

シンポジウムには「やさしい日本語」に関心を持つ人が大勢参加した=3月11日、都内

 外国人労働者の受け入れを大幅に拡大する改正入管難民法が1日施行された。施行を前にした3月、外国人にも理解しやすい「やさしい日本語」について考えるシンポジウムが都内であった。

2019 3/25 3:00
連載

すべては「天神交差点」から始まった さよなら福ビル、そして街は次の時代へ  福岡流通戦争モノ語り(8)

天神交差点に終結した、ゆかりの「かぶりモノ」たち。右上は旧岩田屋本館、右下は福岡パルコ、左下は西鉄ソラリアターミナルビル、左上は九州電灯鉄道本社ビル

 ちょうど130年前の1889年に「市」となった福岡の街。当時、畑だった天神は今、九州のにぎわいの中心へと発展した。

PR

PR

注目のテーマ