コーナー

「記者:金沢皓介」

金沢皓介記者の記事一覧

2019 12/5 22:38
福岡社会国際

中村哲さん遺族がアフガンに出発 9日にも帰国へ

 中村哲医師(73)が現地代表を務める非政府組織「ペシャワール会」は5日、理事ら約40人が福岡市中央区の事務局に集まって緊急会議を開き、活動継続の方針を改めて確認した。 事務局によると、中村さんの遺体は首都カブールの大学に安置されており、妻尚子さん(66)と長女秋子さん(39)、会の関係者3人の計5人が6日未明、アフガンに向けて出発し、現地時間6日午後に到着。

2019 12/5 6:00
福岡社会国際

かんがい事業続けるのが遺志 中村哲さん死亡

沈痛な面持ちで会見に臨むペシャワール会の福元満治・広報担当理事(左)と古川正敏・事務局長=4日午後6時11分、福岡市中央区(撮影・佐藤雄太朗)

 戦乱と干ばつによる混乱が続くアフガニスタンで、30年以上にわたって人道支援に取り組んできたペシャワール会現地代表の中村哲医師(73)が4日、凶弾に倒れた。医療支援のみならず、2000年以降は用水路建設にも尽力。

2019 12/1 6:00
くらし教育

検証・共通テスト(下) 翻弄される高校生たち

イメージ(記事本文と写真は直接関係ありません)

 2020年度に始まる大学入学共通テストで英語民間検定試験の導入見送りが決まって1カ月。変わる入試に向けて対策を進めてきた高校生たちにとっては、思わぬ冷や水を浴びせられる事態となった。

2019 11/29 6:00
福岡社会教育

学校外での学び、割れる出席扱い 不登校の子支援明記 法施行3年

福岡シュタイナー学園で行われている授業。板書に加え、子どもたちは独自の教材で学ぶ

 不登校の子どもたちへの支援を明記した教育機会確保法が来年2月、施行から3年を迎える。国は法の検証と見直しに向けた作業を進めているが、立法過程で抜け落ちた、学校外での学びをどう認めるかという議論は低調だ。

2019 11/27 6:00
社会

性犯罪の危険も…子どものSNS、危うい逃げ場に 被害防ぐには

ツイッターで「家出」という言葉で検索すると、子どもとみられる書き込みがずらりと出てくる(写真の一部を加工しています)

 大阪市の小学6年女児誘拐事件で、430キロ離れた栃木県の容疑者と女児をつないだのは会員制交流サイト(SNS)だった。同様の事件は九州でも相次ぎ、性犯罪に遭ったケースもある。

2019 11/18 13:00
教育

検証・共通テスト(上) 民間試験、不透明な導入経緯

イメージ(本文と写真は直接関係ありません)

 2020年度から始まる大学入学共通テストを巡る混乱が続いている。導入が先送りされた英語民間検定試験に加え、国語と数学の記述式問題にも懸念の声が広がる。

2019 11/10 9:00
教育

学校変える「特別活動」=“Tokkatsu” エジプトが熱視線

教室で給食を取る小石小の児童を視察するエジプトの指導主事たち

 中東とアフリカの接点にあるエジプトは、2016年に日本と「エジプト・日本教育パートナーシップ」を結び、日本式教育の導入を進めている。普及を図る「エジプト・日本学校(EJS)」が本年度までに40校整備され、授業以外の掃除や日直、学級会といった日本の特別活動を「特活(Tokkatsu)」として取り入れる。

2019 11/6 10:21
福岡社会速報

福岡空港国際線ターミナル付近にイノシシ出没、歩道を歩く姿も

 6日午前7時45分ごろ、福岡市博多区青木の福岡空港国際線ターミナルビル前の駐車場で「イノシシが徘徊している」と、空港関係者の男性から110番があった。 福岡空港署によると、イノシシは体長約1メートルで性別は不明。

2019 11/5 14:00
教育

英語民間検定試験 見送り 大学入学共通テスト 唐突な表明に批判や疑問続々

英語民間検定試験の導入延期に、九州の高校生や保護者から戸惑いの声が聞かれた

  萩生田光一文部科学相は1日、大学入学共通テストへの英語民間試験導入について、2020年度は見送ることを表明した。地域格差や経済格差、異なる試験をどう評価するかといった公平性の観点など、さまざまな疑問が上がる中での突然の展開。

2019 11/2 6:00
福岡社会教育

「受験生無視」憤り 英語民間試験見送り 九州の教育現場「決断遅すぎる」

 新たな大学入試改革の目玉が、来春の制度開始を前にいきなりつまずいた。大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入を推し進めてきた文部科学省は1日、一転して見送りを発表した。

2019 10/30 6:00
教育社会

英語入試、不公平さ露呈 「身の丈発言」文科相撤回

 大学入学共通テストで導入される英語民間検定試験を巡り、萩生田光一文部科学相が「身の丈に合わせて頑張って」と発言したことが波紋を広げている。経済的に余裕がない家庭の子どもや、離島や山間部の受験生が不利になることを容認したとも受け取れるためだ。

2019 10/9 21:05
宮崎社会科学・環境

電池開発に延岡“一役” ノーベル化学賞・吉野さん 素材提供、安全実験も

ノーベル化学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる吉野彰氏=9日午後7時50分ごろ、東京都千代田区

 ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さん(71)は、旭化成の研究者だった1985年にリチウムイオン電池の基本構造を完成させた。同社発祥の地である宮崎県延岡市で手掛けてきた繊維、化薬事業が研究を陰で支えたことが、著書「リチウムイオン電池が未来を拓(ひら)く」(2016年、シーエムシー出版)で明かされている。

2019 10/7 6:00
福岡社会教育

PTA費から240万円なぜ 学校のコピー機リース料 県内の市立高校、保護者疑問視

福岡県のある市立高校のPTA決算書類。複写機・印刷機のリース料として239万9820円が計上されていた(写真の一部を加工しています)

 福岡県内の市立高校で、学校のコピー機のリース料として毎年約240万円がPTA会費から充てられているという。「PTAが学校の代わりに負担しているのではないか」。

2019 9/29 9:00
教育

PTAを考える(4)改革を実践 反発を恐れずに

PTA改革の必要性を保護者に説明するためマイケルさんが手作りした資料(写真の一部を加工しています)

 PTA発祥の地、米国で生まれたが意識したことはない。そんな自分が日本でPTAの在り方を論じ、改革の旗振り役を担うとは-。

2019 9/22 18:00
教育社会

地域メディアの将来像議論 法政大で集中講義 本紙「あな特」も紹介

沖縄戦体験者の証言を伝えたプロジェクトなどについて講義する沖縄タイムスの與那覇里子記者

 地域メディアの取り組みから、その役割や将来の可能性を探る法政大社会学部(藤代裕之准教授)の集中講義「ローカルジャーナリズム論」が17~19日、東京都町田市の法政大多摩キャンパスで開かれた。講座には西日本新聞など地方新聞社やテレビ局、フリーランスの記者らが登壇。

2019 9/18 6:00
社会スポーツ福岡大分

「ラグビーW杯歓迎」反則? 商標権、厳しい規制 開催地 PRに工夫重ね

商標権侵害などに該当する可能性が高い表記

 九州でも試合が行われるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会開幕まであと2日。急ピッチで準備が進む中、札幌市でスポーツバーを営む男性から「『W杯歓迎』と掲げちゃ駄目って、変ではないか」との疑問が寄せられた。

2019 9/16 19:02
くらし教育

PTAを考える(2) PTAフォーラム詳報<下>しがらみ 「私物化」疑う実情報告

神戸市で行われた「PTAフォーラム」で講演する岩竹美加子さん

 8月下旬、熱心に議論が交わされた神戸市でのPTAフォーラム。グループディスカッションで出た関西地方のある小学校PTAの実情に参加者は耳を疑った。

2019 9/14 6:00
社会

諫干訴訟高裁に差し戻し 最高裁判決 漁業権消滅を否定

福岡高裁への破棄差し戻し判決を受け、最高裁判所前で幕を掲げる漁業者の平方宣清さん(左から2人目)たち=13日午後3時半ごろ、東京都千代田区(撮影・一瀬圭司)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決を巡り、開門を強制しないよう国が漁業者側に求めた「請求異議訴訟」の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は13日、開門命令を事実上「無力化」させた二審福岡高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。裁判官4人全員一致の意見。

2019 9/11 22:02
九州ニュース政治

あな特通信員 期待の閣僚は?  最多は小泉氏、河野氏は「毅然」

小泉進次郎氏

 第4次安倍再改造内閣が11日に発足したことを受けて、西日本新聞あなたの特命取材班は、LINEでつながる全国約1万1千人の通信員(フォロワー)に、新閣僚に期待することなどを聞くアンケートを実施した。全国の1065人が回答。

2019 9/11 10:35
福岡社会

板付中生徒がブラジルと交流 少年野球チーム選手が訪問

英語の授業で、ポルトガル語でのあいさつを紹介する選手たち

 来日していたブラジル北部、マナウス市の少年野球チーム「マナウスカントリークラブ」に所属する11~15歳の9人の男子選手が9日、福岡市博多区の市立板付中を訪れ、生徒と一緒に授業を受け交流を深めた。 来日は国際協力機構(JICA)のボランティアとしてブラジルに渡り、チームを指導する鹿児島県出身で福岡大OBの宮田瑠星さん(25)がクラウドファンディングなどで費用を工面して実現。

PR

PR

注目のテーマ