コーナー

「記者:木村貴之」

2019 8/20 12:09
九州ニュース社会

【動画あり】手笛の新奏法「ハンドフルート」 発明者直伝の“魔法”の音色響かせ 熊本の奏者・高山大知さん

ハンドフルートの透き通った音色で複雑な旋律も軽快に奏でる高山大知さん=熊本県八代市の自宅

 楽器を使わず、両手を組んで作った空洞に息を吹き込んで笛のような音を鳴らして音楽を奏でる奏法がある。「ハンドフルート」と呼ばれる手笛の新奏法。

2019 7/31 12:13
社会福岡

【動画あり】ゴスペル歌い続け22年 福岡、山口に4拠点「エンジェリックシャウト」 創設者急逝、解散危機乗り越え

中山栄嗣さん(手前)の指導でレッスンに励み、張りのある歌声を響かせるエンジェリックシャウト福岡のメンバーら=福岡市中央区の教会

 米国の黒人たちが生み出した賛美歌・ゴスペルを歌い続けるグループがいる。北九州市で22年前に発足し、福岡市や山口県内にも拠点を持つ「エンジェリックシャウト」(AS)。

2019 7/10 19:30
福岡

博多人形店、博多駅から消える 「陸の玄関口」最後の2店舗が“同時”閉店 業界内外に衝撃、戸惑い

博多人形店「増屋」と「はくせん」の店舗閉店後、白い囲いで覆われた「マイング」のみやげ雑貨売り場(中央)=8日、福岡市のJR博多駅(撮影・木村貴之)

 福岡市のJR博多駅構内の商業施設「マイング」に半世紀以上前から出店していた博多人形専門店の「増屋(ますや)」と「はくせん」(ともに福岡市)が、店舗を同時に撤退していたことが分かった。博多駅に博多人形店は他になく、両社の撤退で出店は消滅。

2019 7/4 21:22
福岡

隣接ビルで“おしどり営業”30年 天神の洋食&喫茶2店が閉店 惜しむ声渦巻く

3日を最後に閉店した洋食屋キャロットの店舗。入り口に閉店を告げる紙が張り出されている=7月4日、福岡市・天神の天神コア7階

 福岡市・天神の商業施設「天神コア」7階にあるレストラン「洋食屋キャロット」と、隣接する商業施設「天神ビブレ」3階の「喫茶キャロット」の老舗飲食2店が、3日の営業を最後に閉店した。レストランの店主は斉藤忠孝さん(77)で、喫茶店は妻接子さん(72)。

2019 6/11 6:00
デスク日記

福岡県朝倉市に面白い若者がいる

 福岡県朝倉市に面白い若者がいる。「畳」の刺しゅう入り野球帽と畳表のネクタイがトレードマーク。

2019 5/30 11:40
社会

【動画あり】吉本興業のソーシャルビジネス始動 全国の移住芸人、各地の課題解決へ事業化 福岡からは畳支援の事例報告

吉本興業のお笑い芸人らが全国各地の地域課題解決に向けた事業例を紹介した報告会。会場にはベテラン漫才師の西川きよしさんらも駆け付けた=5月中旬、東京

 吉本興業(東京)による、事業を通じて社会課題の解決を図る「ソーシャルビジネス」が動きだした。今月中旬、吉本興業が都内で開いた記者会見に九州を含む全国各地の吉本芸人らが集結し、それぞれ各地で直面する地域課題や、解決に向け着手した事業の進み具合を報告。

2019 4/25 10:46
福岡社会

「平成最後」合言葉にライブ&新譜 男性デュオ「ケイタク」、福岡市で“成長の軌跡”披露

「平成最後」をコンセプトにした新譜やワンマンライブについて語る「ケイタク」の内山敬太さん(左)と遠山卓也さん

 福岡を拠点に活動するアコースティックデュオ「ケイタク」が29、30の両日、「平成最後のワンマン(単独)ライブ」と銘打った音楽イベントを福岡市中央区大名のホール「ルームス」で行う。月末には、同じ「平成最後」がコンセプトの新譜もリリース。

2019 4/5 10:40
社会

「令和」の新聞号外、メルカリやヤフオクに出品相次ぐ 無料なのに1部1万円、飲料水セットで4万円超!? 「ゆがんだ商魂」指摘も

メルカリやヤフオクに出品が相次ぐ、新元号「令和」を伝える号外。西日本新聞の号外も出品されている

 新元号が「令和」に決まった1日に発行された各新聞社の号外が、個人間で品物を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」やインターネット競売サイト「ヤフオク」に相次ぎ出品されている。新聞号外は本来無料だが、高値で取引されるケースも少なくなく、識者からは過熱ぶりを懸念する声も上がっている。

2019 4/4 17:37
社会

「お笑い芸人育てます」 NSC福岡が2期生募集 月末まで願書受け付け

常設劇場を教室に、お笑い芸人としての基礎や技術を学ぶNSC福岡の1期生たち=福岡市・天神のよしもと天神ビブレホール(提供・吉本興業)

 吉本興業のお笑い芸人を養成する「吉本総合芸能学院福岡校」(通称・NSC福岡、福岡市)が2期生を募集している。6、14日に福岡市で入学案内説明会を行い、4月末まで願書を受け付ける。

2019 3/31 13:46
社会

福岡の同級生漫才コンビが解散 「友情の切磋琢磨」に期待

「車を運転時、いつもと位置が逆転して違和感があった」―。中学時代以降のコンビの“立ち位置”について語る田島優弘さん(左)と西村公志さん=3月下旬、福岡市・天神(撮影・木村貴之)

 吉本興業のお笑い芸人を養成する「吉本総合芸能学院」(通称・NSC)の福岡校。今春卒業して新人芸人になった1期生28人のうち、個人的に「今後」が気になる芸人がいる。

2019 3/27 15:30
社会

【動画あり】NSC福岡1期生が卒業ライブ 28人、熾烈に「笑い」競演 “首席”は最年少漫才コンビ「ザ・ローリングモンキー」

NSC福岡校1期生の卒業ライブで「首席」の座を射止めた「ザ・ローリングモンキー」(前列中央の2人)=福岡市・天神

 吉本興業のお笑い芸人を養成する「吉本総合芸能学院」(通称・NSC)福岡校の卒業ライブが23日、福岡市・天神のイムズホールであった。九州初のNSC出身芸人として卒業した1期生28人が出演し、「同窓で一番面白い芸人」として名誉ある“首席卒業”を懸け、1年間お笑いを専門的に学んだ成果を披露。

2019 3/22 11:34
社会

九州初“キャリア芸人”が誕生 吉本興業のNSC1期生29人卒業へ 福岡進出30年、笑いに新風 23日「首席」懸け舞台

常設劇場を教室に、お笑い芸人としての心構えや技術を学ぶNSC福岡校の1期生たち=3月上旬、福岡市・天神のよしもと天神ビブレホール(提供・吉本興業)

 吉本興業のお笑い芸人を養成する「吉本総合芸能学院」(通称・NSC)の福岡校が福岡市に開校し今春で1周年を迎え、19〜54歳の1期生29人が卒業する。NSCの大阪校や東京校を巣立った芸人らが息の長い活躍を見せる中、笑いを専門的に学んだ“キャリア芸人”が九州で誕生するのは初めて。

2019 3/18 11:40
社会福岡

「そこに愛はあるんか!?」 ギターリペアマンに学んだ教訓

修理を終えたエレキギターをアンプにつないで試奏し、仕上がりをチェックする尾仲宣彰さん=福岡市・天神

 最近、すっかり世話になっている職人さんがいる。福岡市・天神の大手楽器店専属のギターリペアマン、尾仲宣彰さん(37)。

2019 3/6 6:00
デスク日記

先日、福岡市・天神の格安ラーメン店を昼食で訪れた時の話

 先日、福岡市・天神の格安ラーメン店を昼食で訪れた時の話。食券売り場で代金を用意していたら100円玉1枚が手元からぽろり。

2019 3/4 14:18
福岡社会

戦国時代にボランティア? 「大分発祥説」で浮かぶ“あの人”

大分市中心部の公園にある「西洋医術発祥記念像」。ポルトガルの青年医師アルメイダ(中央)が手術を始める場面を紹介する

 「大分ってボランティア発祥の地だったんですね」―。最近、ある知人との会話でこんな初耳情報を聞き、妙に気になった。

2019 2/18 11:35
福岡社会

【動画あり】「キッス完コピ」バンド福岡出張 熱狂ステージで化学反応

キッスのヒットナンバーを演奏する「ティッシュ」の4人。本家そっくりの風貌と同様、演奏力もなかなかの腕前だ

 「スタンドプレー」という言葉がある。辞書をめくると、競技者などが見物人の喝采を狙って派手に振る舞う行為、の意味。

2019 2/15 19:09
社会

写真・動画クリエーターの“才能”に光 福岡で新基軸イベント「ファインダーズ」 コンテンツ産業振興へ多彩な催し

福岡市は広告制作会社なども集積し、多くの商業カメラマンが活動しているという(写真はイメージ、撮影・木村貴之)

 福岡を拠点に写真や動画制作の分野で活動するクリエーターに光を当てるイベントが企画されている。福岡市中央区六本松の市科学館などで23日開幕する「福岡アジアアートウィーク2019 the finders(ザ・ファインダーズ)」。

2019 2/4 11:44
熊本社会

第7次ブーム盛り上げ、ジャパン背負う「菊鹿ワイン」

「菊鹿ワイン」の代表銘柄「菊鹿シャルドネ」(2860円)。洋食、和食ともに合うワインとして定評がある(撮影・木村貴之)

 大好きなワインがある。「菊鹿ワイン」と呼ばれ、熊本県山鹿市産のブドウで造られるご当地ワイン。

2019 1/21 11:24
福岡社会

また逢う日まで 「中華しんちゃん」譲りのみそラーメン

天神のサラリーマンに大人気だった「中華しんちゃん」から秘伝レシピを受け継いだ「きく茶」のみそラーメン

 新年早々、寂しい知らせが舞い込んだ。よく利用していた飲食店が閉店することになった。

2019 1/10 22:39
社会

“旧官庁街”が育てた博多名物もつ鍋 福岡・天神で新生飯店とリレー営業 楽天地の店主父子に聞く

楽天地天神本店があるビル。新生飯店とフロアをシェアして同居し、昼と夜で店が変わる“リレー営業”を続ける=福岡市・天神

 福岡市・天神の路地裏にある古いビルをシェアし、昼と夜で店が入れ替わる“リレー営業”を続ける中華料理店「新生飯店」ともつ鍋専門店「楽天地」。両店とも多くの常連客を抱える人気店で、とりわけ楽天地は「もつ鍋を博多の名物料理に育てた店」とも称される。

PR

PR

注目のテーマ