君(ペット)がいるから
連載

「君(ペット)がいるから」

熊本市の獣医師・徳田竜之介さんが、24時間診療の動物病院診察室から見える現代のペットと人間の姿をつづったコラム。

2016 12/22 13:36
くらし

小さな命を いつも気に掛けて<21完>

徳田竜之介さんと病院で飼っている土佐犬

 ペットの毎日は、飼い主が全てです。飼い主が遊び相手になること、うれしかったことも悲しかったことも語り掛けること。

2016 12/15 13:34
くらし

動物看護師は飼い主との懸け橋<20>

竜之介動物病院の診察室。動物看護師(右)はなくてはならない存在

 動物病院には毎日、たくさんの動物と飼い主が来ます。治療にはペットと飼い主の関係や飼育環境などが大きく関係するため、動物だけでなく、飼い主や飼育環境も診なければいけません。

2016 12/8 19:52
くらし

動物と人は、癒やし癒やされ<19>

犬に聴診器を当てて、心臓の音を聞く園児たち

 子どもが野良猫を拾ってきました。さあ、あなたは何と言葉を掛けますか。

2016 12/1 19:52
くらし

命をプレゼントしないで<18>

一時のブームで飼ったものの、大きくなり過ぎて飼育放棄されたミニブタ

 一年はあっという間に過ぎるもので、今年も残すところ1カ月となりました。私の動物病院では年末年始も通常診療を行うので、特別な感じはあまりしません。

2016 11/24 19:51
くらし

ペットは飼い主の分身<17>

ペットと飼い主は、どことなく似てくる

 あなたは犬派ですか? それとも猫派ですか? 私は毎日、たくさんの飼い主と接していますが、おもしろいもので、飼っている動物によって人の性格は全然違うように感じます。この「派閥診断」は結構よく当たります。

2016 11/17 19:51
くらし

短い生涯を大切に<16>

ペットの生涯は人間に比べてはるかに短い

 毎日、動物病院でどのくらい動物の死に直面するか、想像できますか? 来院数によって変わるでしょうが、人間の病院よりも死亡率は高いです。  動物は非常に危険な状況になってから来院することが多いからです。

2016 11/10 19:50
くらし

不幸な野良猫を減らす<15>

近くの小学生たちが保護した野良猫。保護後に子猫を産んだ

 皆さんは、TNRという言葉をご存じでしょうか。不幸な野良猫を減らす活動を意味する「世界共通語」。

2016 11/3 19:49
くらし

飼い主には厳しい覚悟を<14>

子猫が幸せに育つかどうかは、飼い主の覚悟次第

 春と秋は猫の出産ラッシュの季節です。その時季を痛感するのが「捨て猫」の増加です。

2016 10/27 19:49
くらし

犬猫にも目立つ認知症<13>

「老犬ホーム」で預かる犬を抱き締める動物看護師

 「その猫、持ってきて」「そこに犬、置いといて」-。動物病院の新人スタッフは、違和感もなく、こう口にするような間違いをたまに犯してしまいます。

2016 10/20 19:48
くらし

最高の薬は飼い主の愛情<12>

面会室で、動物看護師と一緒に飼い主を待つ犬

 ソファが置かれた6畳ほどの部屋。竜之介動物病院(熊本市中央区)の2階には、入院中の動物と飼い主が触れ合える「面会室」を2部屋、確保しています。

2016 10/13 19:48
くらし

野良犬しろの「奇跡」<11>

竜之介動物病院のアイドル犬だった「しろ」

 竜之介動物病院(熊本市)のアイドル犬「しろ」が昨年、推定13歳で逝きました。  出合いは、しろが2~3歳の頃。

2016 10/6 19:47
くらし

声なき声に耳を澄ませる<10>

1日200~250匹の動物を診る。毎日数件の手術も行う

 飼い主に連れられて来た犬は、ふらふらで明らかに神経症状が出ています。飼い主に「いつからですか」と尋ねると、「急にこうなった」とか「帰宅したらこうなっていたんです」という曖昧な答えが返ってくる。

2016 9/29 19:46
くらし

高齢飼い主のフォローも<9>

屋内犬として人気のあるチワワ。飼い主の生活が揺らげば、ペットの命も危うい

 長年通ってくれた飼い主で、高齢の女性がいました。その女性のことは今も忘れられません。

2016 9/22 19:46
くらし

下半身まひでも6年間<8>

犬たちはけがを負っても愛情があれば生きられる(写真と記事は関係ありません)

 「桃子」は、シベリアンハスキーの雑種の中型犬で2歳。幼犬のころから気性が激しく、散歩も大暴れするので、飼い主は苦労していたと思います。

2016 9/15 19:45
くらし

犬に財産を残した女性<7>

飼い主と犬の絆に胸が熱くなることも(写真と記事は関係ありません)

 ある高齢女性の話をします。「ももすけ」と「ロン」という2匹の中型犬を飼っていました。

2016 9/8 19:44
くらし

24時間診療 命つなぐ<6>

緊急の帝王切開で生まれて約1週間の子猫

 竜之介動物病院(熊本市中央区)は2013年9月から、夜間の緊急対応もしています。365日24時間、来るか来ないか分からない動物のために、スタッフを配置し、深夜も明かりをつけています。

2016 9/1 19:42
くらし

大震災教訓に建て替え<5>

熊本地震の被災地では迷子の猫がたくさん見られた

 熊本地震の際、動物と一緒に避難できるペット同伴避難所として開放した熊本市の「竜之介動物病院」。自家発電機、容量36トンの貯水タンク、ペットフード1カ月分の備蓄などがあります。

2016 8/25 19:41
くらし

往診 喪失感に寄り添う<4>

熊本県益城町への往診。倒壊家屋のそばで犬の様子を診る徳田竜之介さん(左)

 熊本地震発生から24日たった5月上旬。「竜之介動物病院」(熊本市中央区)に開いた動物同伴避難所が役目を終えて、私はやっと病院の外に出る時間ができました。

2016 8/18 19:41
くらし

「最後のとりで」協力と絆<3>

ペット同伴避難所で笑顔を見せる飼い主

 予想もしていなかった突然の熊本地震。動物を飼っている人たちは、必死の思いでがれきの中からペットの動物を救い出し、避難所にたどり着く。

2016 8/11 19:40
くらし

動物は飼い主の心の鏡<2>

熊本地震の後、保護された子猫

 最大震度7を記録した熊本地震。状況は刻一刻と変化しました。

PR

PR

注目のテーマ