吉野ケ里インパクト ~史跡指定30年
コーナー

「吉野ケ里インパクト ~史跡指定30年」

「邪馬台国時代のクニ」として大ブームを巻き起こした吉野ケ里遺跡(佐賀県神埼市、吉野ケ里町)は5月19日、1990年に国史跡に指定されてから30年を迎えた。91年には特別史跡に格上げされ、教科書でも紹介される遺跡となった。当初の工業団地造成計画から一転、国営、県立公園として丸ごと残った国内最大級の弥生の環壕(かんごう)集落が、全国に与えたインパクトは想像を超えるものだった。その功績と、積み残された課題を探る。

PR

PR