ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

最近のワードBOX

大津市の中2男子自殺(2019年02月20日更新)

 2011年10月、大津市の中学2年の男子生徒=当時(13)=が自宅マンションから飛び降り自殺した。12年、遺族は「自殺はいじめが原因」として市や加害者とされる元同級生3人らを大津地裁に提訴。市教育委員会は当初、いじめと自殺の因果関係は不明としたが、学校が実施した全校生徒アンケートで「自殺の練習をさせられていた」などの回答があったことが判明。市の第三者委員会は因果関係を認める調査結果を発表した。

子どもの携帯電話保有(2019年02月20日更新)

 内閣府の調査によると、携帯電話やスマートフォンを所有している小学生は2017年度に55・5%、中学生は66・7%となり、増加傾向が続いている。高校生は97・1%に上る。スマホゲームでの課金や不適切なインターネットサイトへの接続などを問題視する声もあり、子ども向けに機能を一部制限した機種も販売されている。

iPS細胞による再生医療(2019年02月19日更新)

 血液や皮膚の細胞から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を神経や筋肉など必要な細胞に変化させて患者に移植し、臓器の機能回復を図る医療。現在は1種類の細胞で目や心臓、脊髄などを再生する研究が盛ん...

永井隆平和記念・長崎賞(2019年02月19日更新)

 被爆50年を機に1995年に創設された。被爆者の救護に尽力し、平和を訴え続けた永井隆博士(1908~51)の精神を引き継ぐ研究者や団体を対象に、長崎県や長崎市、同県医師会などでつくる「長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM=ナシム)」が2年に1度、顕彰。第1回の受賞者は被爆者医療に尽力した医師、秋月辰一郎氏(1916~2005)。これまでに14の個人・団体に贈られた。

医療圏(2019年02月19日更新)

 地域住民への医療提供体制の整備を図るため、都道府県が策定する医療計画で定める地域区分。1次医療圏は市町村単位で、2次医療圏は地理的条件や交通事情を考慮し、複数の市町村をまとめて指定することが多い。3次医療圏は都府県単位で指定されているが、北海道は管轄地域が広大なため、六つに分かれている。

胡耀邦氏と山崎豊子さん(2019年02月19日更新)

 山崎さんの小説「大地の子」の取材を中国共産党総書記だった胡氏が受け入れる形で交流を重ねた。1984年の会見で、山崎さんは情報を閉ざす中国の官僚主義を率直に批判。胡氏は「欠点も書いて結構。それが真...

ファインバブル(2019年02月19日更新)

 直径100マイクロメートル未満(1マイクロメートルは1000分の1ミリ)の小さな泡のこと。1~100マイクロメートル未満がマイクロバブル、1マイクロメートル未満はウルトラファインバブルと定義される。ポンプで加圧した気体を水中に出すことなどで、ファインバブルが溶け込み、さまざまな性質を持つようになる。すぐに水面に向かう大きな気泡と違い、長時間、水中を浮遊する。

南海トラフ巨大地震の被害想定(2019年02月18日更新)

「行政主導の防災には限界がある。よっぽど子どもたちの方が地域を動かす力がある」と語る高知県黒潮町の大西勝也町長

 東海沖から九州沖の海底にある溝状の「南海トラフ」沿いで、東日本大震災と同じマグニチュード9クラスの地震と津波が起きた場合の被害試算。内閣府の想定では、高知県黒潮町に最大34・4メートルの津波が襲来、最悪で32万3千人が死亡。九州では大分、宮崎両県を中心に死者は最大約6万人、全壊・焼失は12万4千棟。九州の直接的な被害額は8兆2100億円に上るとされる。

旧優生保護法(2019年02月18日更新)

 精神障害者や遺伝性疾患の患者、出産が体や生活に影響する女性に、任意での不妊手術や人工妊娠中絶を認める一方、障害者らについては、本人同意がなくても医師の申請と都道府県認定審査会の認定があれば強制不...

日産の統治委員会(2019年02月18日更新)

 日産自動車が、会長を務めたカルロス・ゴーン被告の事件を受け、不正を防ぐ仕組みを構築するため昨年12月に設置した委員会。名称は「ガバナンス改善特別委員会」で、日産の社外取締役ら7人で構成し、弁護士の西岡清一郎氏と前経団連会長の榊原定征氏が共同委員長を務める。今月15日までに3回の会合を開き、日産の西川(さいかわ)広人社長から意見を聴取するなどした。

SNSのフォロー(2019年02月17日更新)

長崎県が開設したSNSアカウント「つながるナガサキ」のフォローを公立高3年生に呼びかけるチラシのコピー。チェックを入れて先生に提出する必要がある(写真の一部を加工しています)

 つながりを持ちたい人や企業などが発した文章や写真、動画などが自分のページに表示されるようになる仕組み。フォローしているSNS利用者のことをフォロワーと呼ぶ。数百万人を超えるフォロワーを持つ著名人もいる。普及が進むスマートフォンで扱えるため、近年は個人間のやりとりだけでなく、企業や自治体がフェイスブックやインスタグラムなどのSNSを情報発信の手段として重視している。

米国の国家非常事態宣言(2019年02月16日更新)

 武力攻撃や深刻な疫病の発生など大統領が国家の治安上切迫した危機があると判断した際に出す布告。1976年に成立した国家非常事態法に基づく宣言は、2001年の米中枢同時テロや09年の新型インフルエン...

デジタルネーティブ世代(2019年02月15日更新)

 物心がつくころにはパソコンや携帯電話などが身近にあった世代を指す。特に平成生まれの世代は、普及したインターネット環境に親しんできたため、スマートフォンなどで写真や動画を会員制交流サイト(SNS)などに投稿することに積極的。SNSへの投稿は評価を得たいがために過激化する傾向があるとされ、企業はアルバイトを含む若手従業員への研修を強化している。

辺野古移設問題(2019年02月14日更新)

 1995年に沖縄県で起きた米兵による少女暴行事件をきっかけに日米両政府は96年、宜野湾市の米軍普天間飛行場返還に合意し、99年に名護市辺野古への移設を閣議決定。2013年に当時の仲井真弘多(なか...

eスポーツ(2019年02月13日更新)

 「エレクトロニック・スポーツ」の略称。エレクトロニックは「電子の」の意味。ゲームメーカーを中心に2018年1月に発足した一般社団法人、日本eスポーツ連合(JeSU、東京)によると、コンピューター...

白血病(2019年02月13日更新)

 白血球などの血液細胞ができる過程で異常が起き、がん化した細胞が無秩序に増殖する病気で、20歳未満の人がかかるがんの中では最も多い。進行の速さや、がんになる細胞の種類により、急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病などと細かく分類されている。息切れやだるさ、発熱といった症状、健康診断の血液検査がきっかけで見つかることがある。抗がん剤や分子標的薬、骨髄移植などの治療法がある。

阿蘇神社の楼門(2019年02月12日更新)

楼門修復に向け、宮大工とも話し合いながら、修繕された部材の垂木を検査する大川畑博文さん(左)。真新しい木の部分が修繕箇所=1月30日、熊本県阿蘇市

 筥崎宮(福岡市)や鹿島神宮(茨城県)と並ぶ日本三大楼門の一つとされる。1850年に造営され、2007年に国の重要文化財に指定された。高さ18メートルで屋根が2層になっている。造営当時の記録でも、楼門築造は最難関工事で、重い屋根を支える巨木や資金調達に苦心し、棟上げまでに6年を要した。

羽田空港(2019年02月10日更新)

 国際空港評議会のまとめでは、2017年の乗降客数は世界4位の約8541万人。千葉県に成田空港が開港し、国際線の機能が移っていたが、2010年には国際定期便が復活した。国は、20年東京五輪・パラリ...

米朝首脳会談(2019年02月10日更新)

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は昨年6月12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を開催し「シンガポール共同声明」に署名した。声明には「朝鮮半島の持続的で安定した平和体制の構築...

タイの総選挙と首相選出(2019年02月09日更新)

 タイは上院(定数250)と下院(定数500)の二院制。3月24日投票の総選挙では、下院議員を小選挙区と比例代表で選ぶ。選挙後の新たな国会で次期首相を選出する際は、上院250人と下院500人の全議員が投票し、過半数(376票)以上を獲得した候補者が首相に就く。上院議員は軍政が任命するため、軍政の意向に同調する可能性があり、親軍政派の首相候補が有利な仕組みだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]