ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

国営諫早湾干拓事業と開門問題

 農地確保と低地の高潮対策を目的に、有明海西部の諫早湾を全長7キロの潮受け堤防で閉め切り、672ヘクタールの干拓農地と、農業用水を供給する調整池2600ヘクタールを整備した。総事業費2530億円。1989年に着工、2008年に営農開始。堤防の南北2カ所に排水門があり、調整池の水位を一定に保つため、随時海に排水している。  事業が原因で不漁になったとして漁業者側は開門を主張、営農者側は農業被害が出るとして対立し複数の訴訟が起こされた。2010年12月に福岡高裁が5年間の開門調査を命じ、国が上告せず確定。一方、長崎地裁は仮処分(13年11月)や判決(17年4月)で開門差し止めを命じた。最高裁は6月、2件の訴訟で漁業者の訴えを退け、開門を認めない判断も確定。司法判断がねじれてきた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR