ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

減価償却制度

 企業が取得した機械や生産設備の価値が時間の経過とともに減少するとみなし、その分を費用として毎年一定割合で非課税扱いの損金に算入できる制度。 欧米や韓国では資産価値がなくなるまで減価償却を認めているが、日本の限度額は95%まで。制度見直しで減価償却対象が拡大すると、企業はその分多く費用を計上し利益を圧縮できるため、法人税負担を軽減できる。 企業の国際競争が激化する中で、対等な競争条件を整備すべきだとの要望がここ数年、経済界から出ている。ただ、減価償却の拡充は地方税である固定資産税の減収につながることから総務省などは、見直しとは別の対応を要請している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ