ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

クリスパー・キャス9(CRISPR/Cas9)

 「ゲノム編集」のうち、遺伝子の操作を従来の技術より高い精度で簡単にできるため、最も普及が進む技術。DNAの塩基配列を狙った部分で切断し、挿入、置換できる。標的とする配列に導くガイド役のリボ核酸(RNA)と、切断する酵素(タンパク質)で構成される。ガイド役のクリスパーは石野良純九州大大学院教授が1987年、大腸菌でDNAの奇妙な繰り返し配列として発表した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

関連記事

PR

PR