ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

台風の接近と上陸

 熱帯低気圧のうち北西太平洋や南シナ海に存在し、低気圧域内の最大風速(10分間平均)が約17メートル以上のものを台風と呼ぶ。通常、低緯度では東風に乗って西に動き、太平洋高気圧の周縁の風に乗って北上、中・高緯度で偏西風に乗り、速度を上げながら北東へ進むことが多い。気象庁は台風の中心が国内のいずれかの気象台などから300キロ以内に入った場合を「接近」、中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「上陸」と定義。小さい島や半島を横切って短時間で再び海に出た場合は「通過」として扱う。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ