ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

略式起訴

 事実関係が明白で軽微な事件について検察官が容疑者の同意を得た上で、100万円以下の罰金などを科すよう簡裁に求める手続き。公開の法廷ではなく書面だけで審査する。通常、簡裁がすぐに略式命令を出すが、「不相当」と判断すれば正式裁判が開かれる。命令を受けた人は罰金などを納付し手続きを終わらせる。不服がある場合は、14日以内に正式裁判を求めることもできる。広告大手電通の違法残業事件では、法人としての電通が2017年7月に略式起訴されたが、東京簡裁が正式裁判を開いた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR