ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

エアロゾル

 空気中に浮遊する液体や固体の微粒子を指す。英単語が元で、つづりは「AEROSOL」。AEROは空中、SOLは液体中に固体の微粒子が分散している状態を指す。生成過程の違いにより、粉じんやミストなどとも呼ばれる。ディーゼルエンジンが出す黒煙や、建設現場でのアスベスト(石綿)の問題で使われた用語。新型コロナウイルス感染で問題となる飛沫(ひまつ)の直径は0・005ミリほど。1~2メートルは飛散するが、重さによりその後落下する。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR