ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

景気後退(リセッション)

 生産活動の低下や失業率の上昇などが生じる経済局面のこと。米国では一般的に国内総生産(GDP)の実質成長率が24半期連続でマイナスだった時期を指す。米国では景気循環の判断を政府ではなく、民間組織の全米経済研究所(NBER)が雇用や生産、個人消費などから判断し、景気後退入りなどを正式に宣言する。前回の景気後退期は情報技術(IT)バブル崩壊後の2001年3月以降の8カ月間で、2期連続のマイナス成長はなかったが、NBERが認定した。 (共同)

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ