ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

爆発赤痢事件

 1937年9月25日、大牟田市で集団赤痢が発生。子供を中心に市の人口の約1割に当たる約1万2千人が発症し、712人が死んだ。旧内務省は当時、市の水源だった熊本県内の井戸に赤痢患者の汚物が混入し、水道を通じて感染したと発表。だが水道水から赤痢菌は発見されず、引責辞任した市水道課長が原因を調査。発生当日、爆発事故を起こした市内の化学工場周辺に患者が集中していたことを突き止めた。工場は毒ガス原料を製造していたが、原因は不明のままだ。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ