ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

フグ毒

 1909年に薬学者、田原良純博士がフグの学名から「テトロドトキシン」と命名した猛毒。神経や骨格筋の細胞膜で信号を内外に伝達するナトリウムイオンの流路をふさぐ働きがあり、摂取すると口や指がしびれ、呼吸困難になる。体重50キロの大人なら2ミリグラムで死亡するとされる。長年、マフグ科のフグにしかないと考えられていたが、マキガイなどからも見つかり、細菌から始まる食物連鎖によって蓄積されるとの学説が有力となった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ