ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

阿里山と森林鉄道

 阿里山は台湾中南部・嘉義県にある2千メートル級の山々の総称。最高峰は大塔山の2663メートル。国家風景区(国定公園)に指定され、日の出、雲海、夕焼け、森林、鉄道の五大景観で知られる。一帯には先住民ツォウ族の集落が点在する。    日本統治時代に豊富な森林資源が注目され、山林開発と木材搬出の手段として、阿里山森林鉄道を建設。1914(大正3)年に嘉義-阿里山の本線72キロが全線開通した。この鉄道でヒノキの高級材が運び出され、靖国神社の神門、東大寺大仏殿の垂木などに使われた。現在、阿里山での森林伐採は禁じられており、鉄道は観光・登山客の足となっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ