ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

放射性炭素(C14)年代測定法

 生物が取り込んだ空気中のC14=炭素(C12)の放射性同位体=は死後、新たな摂取がなくなり、その量が5730年で半減する。このため試料の炭素全体に占めるC14の割合を調べれば、死後どれだけの時間が経過したかが分かる。近年は加速器質量分析(AMS)法によってC14の個数を測定できるようになり、微量の試料でも短時間に高精度の測定ができるようになった。ただ、大気中のC14濃度は時代によって異なり、測定値と実年代にずれが生じるが、それを補正する手法も開発されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ