ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

使用済み核燃料再処理

 原子力発電所で使ったウラン燃料を再処理し、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料にして再び使うと、最終処分する廃棄物量を抑制できる。再処理は1956年に国の原子力長期計画で初めて公表された「核燃料サイクル政策」の中核的な工程と位置付けられ、青森県六ケ所村の工場で、05年に開始する計画。ただ再処理には、「超ウラン元素」と呼ばれる高レベル廃棄物の管理処分など、再処理費用に不確実性の高いものもある。責任の所在や費用負担をめぐり電力業界と国が対立しているが、官民の調整が不調に終われば、核燃料サイクル政策が宙に浮きかねない。使用済み燃料があふれかえり、全国の原子炉が停止に追い込まれる恐れもある。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ