ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

調書裁判

 故平野龍一元東大学長(刑事法)らが日本の刑事裁判の状況を批判する際に使った言葉で、警察や検察の取り調べで作成された被告らの供述調書を重視する裁判といった意味。免田事件など、自白調書に基づいて有罪とされた死刑囚4人の再審無罪が相次いだ1980年代に、平野氏は「わが国の刑事裁判はかなり絶望的」とし、法廷での供述や証言で主に判断する「口頭主義」を実現するため、市民参加の裁判制度(参審・陪審制)を提言した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ