ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

BT菌(バチルス・チューリンジエンシス菌)

 1901年、カイコの病死原因調査に当たった細菌学者石渡繁胤(しげたね)が世界で初めて発見。菌自体は殺虫能力を持たないが、つくり出すタンパク質は、種類ごとに特定の害虫を攻撃する性質を持つため、化学農薬より副作用の少ない生物農薬として活用が広がっている。BT菌生成タンパク質のがん細胞破壊機能については、福岡県工業技術センター生物食品研究所が98年に発表して以来、世界が注目。各地から菌の解析依頼が相次ぎ、同様の機能が期待される菌の候補は100を超えるという。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ