ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

希少疾病用医薬品

 患者数が極端に少ない疾病の医薬品。「オーファン(孤児)ドラッグ」とも呼ばれる。こうした薬は必要性が高くても採算が合わず、開発が後回しにされることが多い。このため、厚生労働省は指定制度を設け(1)国内の患者数が5万人未満で重い疾病が対象(2)代替する医薬品や治療方法がないなど特に必要性が高い(3)開発できる可能性が高い―を条件にしている。指定されれば、企業側は研究資金の助成や優先的な承認審査、市場独占期間の実質的な延長、税制上の優遇措置を受けられる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ