ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

道路特定財源制度

 戦後復興に伴う道路整備を緊急かつ計画的に行うため1954年に導入された制度。受益者負担の原則に基づき、自動車の利用者に各種税金を負担してもらい、道路予算に充ててきた。暫定税率は本来の税率のおよそ2倍となり、ガソリン税の場合、1リットル当たりの本来の税率24・3円に24・3円を上乗せした48・6円が暫定税率。74年度に2年間の暫定措置として実施されたが、その後も30年以上延長を重ねた。潤沢な財源が自動的に確保されることから無駄な道路が造られたとの批判が根強く、使途を限定しないとして2009年度から一般財源化された。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ