ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判

 住民に自決を強いたと書かれ名誉を傷つけられたとして、沖縄県の渡嘉敷島で日本軍の特攻舟艇の戦隊を指揮していた故赤松嘉次氏の遺族と、座間味島の戦隊長だった梅沢裕氏が2005年、「沖縄ノート」の著者大江健三郎氏と岩波書店に出版差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴した。口頭弁論で大江氏は「集団自決は戦争下の国、日本軍、現地の軍までを貫くタテの構造の力で島民に強制された。命令書があるかないかというレベルのものではない」との考えを示した。判決は3月28日。     ×      ×  ●沖縄ノート 大江健三郎著  1970年に岩波書店から出て53刷を重ねる。政治や民俗、基地問題などを考察した沖縄論で、日本人論でもある。集団自決の記述は計10ページほどで、出典を明記。関係者への取材をしていないことも記した上で「集団自決は(中略)『部隊の行動をさまたげないために、また食糧を部隊に提供するため、いさぎよく自決せよ』という命令に発するとされている」などと記述。座間味島の戦隊長に関する記述はない。     ×      ×  ●「集団自決」の真実 曽野 綾子著  作家で、日本財団会長も務めた曽野綾子氏が1992年に「ある神話の風景」(PHP文庫)として出し、2006年に改名してワックから出版。沖縄戦での集団自決に軍命があったとする資料の多くが「鉄の暴風」(沖縄タイムス社、1950年初刊)を孫引きしたもので、さらに同書は現場にいなかった人物のまた聞き情報で書かれていると指摘。渡嘉敷島民などへの取材で「軍命はなかった」と結論づけた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ