ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

風力発電所の現状

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のまとめによると、国内の風力発電の設備総量は2006年度末で149万キロワット(1314基)。このうち九州には約15%に当たる約23万キロワット(204基)の設備がある。現在、九州で最大規模は長崎県平戸市の第3セクターが運営する的山(あづち)大島風力発電所の3万2000キロワット(16基)。国内最大は電源開発グループが運営する郡山布引(ぬのびき)高原発電所(福島県郡山市)の約6万6000キロワット(33基)。地球環境に優しい電源として国は10年までに300万キロワットまで拡大する目標を掲げているが、発電効率の低さで普及は進んでいない。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ