ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

郵政民営化見直し

 郵政民営化に伴い日本郵政公社は07年11月、政府出資の日本郵政の下、郵便事業会社▽窓口を担う郵便局会社▽ゆうちょ銀行▽かんぽ生命-に分社化。しかし、過疎地の簡易郵便局が閉鎖されるなどサービス低下が指摘されていた。    民営化を見直す郵政改革法は地方の郵便局ネットワーク維持が最大の狙い。日本郵政が郵便事業会社と郵便局会社の2社を合併し、ゆうちょ銀行とかんぽ生命を傘下に置く。日本郵政株式の「3分の1超」を政府が持ち続け、将来の全株売却を義務付けていた民営化路線を大きく修正した。    一方で、ゆうちょ銀行の預入限度額を1千万円から2千万円に、かんぽ生命の保険金上限を1300万円から2500万円に引き上げる。住宅ローンなど新規業務への参入も緩和され、金融業界からは「民業圧迫」との批判が出ている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ