ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

与党PTの水俣病 未認定患者救済案

 国と熊本県の水俣病被害拡大責任を認めた2004年の関西訴訟最高裁判決以降、新たな認定申請者が急増したため、自民、公明両党のプロジェクトチーム(与党PT)が07年10月にまとめた。  1995年の「政治決着」対象者に準じる人、具体的には、公害健康被害補償法に基づく認定申請者と、新保健手帳保持者のうち四肢末端優位の感覚障害(手足の末端に強く現れるしびれなど)のある人が救済対象。一時金150万円、療養手当月1万円、医療費自己負担分の給付が柱で「いかなる意味でも政治が取り組む最後の救済策」との位置付け。原因企業チッソに費用負担の合意を、国、県には対応の具体化を求めている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ