ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

三位一体改革論議

 初年度の2004年度は政府内の調整の結果、補助金削減が1兆円、税源移譲も地方の裁量拡大につながらない項目を含めて6558億円。一方で地方交付税は、1兆2000億円削減と、地方分権より国の財政再建に重点を置いたと受け取られても仕方がない結果となった。 これが不評だったことから、05、06年度は全国知事会など地方6団体による「地方案」を軸に論議。それでも政府・与党がまとめた全体像では補助金削減が2兆8380億円、税源移譲も1兆7600億円にとどまった。補助金削減で地方案にはなかった国民健康保険の国庫負担率引き下げを盛り込むなど、数合わせの印象を強く残した。 一方で、地方が求めた義務教育費国庫負担金の削減と税源移譲は暫定措置として、生活保護費とともに最終決着は先送り。義務教育費問題は文部科学相の諮問機関である中央教育審議会に持ち込まれたが、6団体の代表を2人にするか3人にするかでもめ、その後の論議も平行線。分権時代の教育のあり方にまで踏み込んでいない。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ