ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

標準化死亡比(SMR)

 死亡率は単純計算すると高齢者が多い地域で高め、少ない地域で低めに出る。標準化死亡比(SMR)は、各地域の年齢構成を全国平均と同じと仮定し、実際の死亡者数のうち高齢化による「過大」部分などを修正。全国平均を1として死亡率の高さを示す。人口規模による変動を受けにくいため、国や地方自治体が死亡率の分析などに広く活用している。小規模自治体では、統計の有意性を高めるため複数年単位で計算する手法がある。    九州は小規模自治体が多く、単年計算では死者数が少なくても死亡率が高くなりやすい。このため、本紙は各県が統計情報を公表している最新年の2007年までの5年分のデータを分析。SMR検定の計算式を使い、統計学的にほぼ間違いない数値(95%信頼区間)と判定できる市町村だけを抜き出した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ