ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

習熟度別授業の実施状況

 文部科学省がまとめた公立小中学校の教育課程編成状況によると、2000年度には小学校の39%、中学校の31%で習熟度別授業が実施されていた。翌01年度に学級編成の基準が緩和され、クラスの枠を超えて少人数指導をすることが可能に。以降、習熟度別授業を実施する学校が急増した。07年度は小学校85%、中学校74%で実施。教科別でみると、小学校は算数が83%で最多。中学校は数学(65%)、外国語(46%)の順だった。  一方で「差別につながる」などの批判もあり、少人数指導やTTとの併用など、各学校現場で改善に向けた試みも実践されている。  また、少人数学級を推進する動きもある。国の指針は1学級40人が上限だが、01年度以降は自治体の裁量が広がり、30人や35人に引き下げるところも増えている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ