ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

フィブリノゲン製剤

 売血をプールして製造された血液製剤で、日本では1964年製造承認。米国では肝炎感染の危険性から77年に承認が取り消されたが、日本では98年まで、出産や手術の際の止血剤として広く使用された。三菱ウェルファーマの報告によると、80年以降だけで7004機関に納入。約29万人に使用され、推定患者数は約1万人とされているが「感染率は7―8割」という指摘もある。血液製剤で感染した患者計72人が国や会社に損害賠償を求めた訴訟は福岡、東京、大阪、名古屋、仙台の5地裁で係争中。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ