ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

普天間移設のアセスメント

 環境影響評価(アセスメント)は環境影響評価法や条例に基づく手続きで、環境に影響を及ぼす恐れがある大規模事業が具体化した段階で実施。通常は3年程度の期間を要する。防衛省は2007年8月、名護市辺野古への移設計画に基づき、沖縄県に調査方法などを記した方法書を送付し手続きを開始。09年10月、仲井真弘多知事が政府方針の早期決定を求める意見書を提出した。しかし鳩山政権の移設先見直しを受け、防衛省は最終段階の評価書作成を中断。ことし6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で辺野古移設を再確認したのを受け、作成作業を再開した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ