ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

量的金融緩和

 中央銀行が政策金利の引き下げという伝統的手法ではなく、世の中に出回る資金の量を増やして金融を緩和する政策。非伝統的政策とも呼ばれる。政策金利が0%近辺に下がった後に実施する手法で、中銀が国債を中心とした資産を大規模に買って資金を供給する。2001年に日銀が導入した。08年の金融危機後、米連邦準備制度理事会(FRB)や英イングランド銀行が採用、FRBは昨年10月末に終えた。通貨下落による輸出増や、株や不動産といった資産の価格上昇が見込める。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ