ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

国立小鹿島病院

 韓国南部の全羅南道沖の小島「小鹿島」に位置する。日本の植民地時代の1917年、当時の朝鮮総督府が開院。土地を買い取るなどして島民を追い出し、施設を拡張、40年には最大6千人を超えるハンセン病患者を収容、患者地帯と職員地帯を分けるなどして厳しい隔離を行った。戦後、韓国政府が隔離政策を引き継いだが、63年には隔離主義を法律上放棄した。島内には監禁室、刑務所などの施設跡が今も残存する。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ