ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

入口遺跡出土の石器類

 入口遺跡で出土した主な石器は「台形状剥片石器」「尖頭状石器」「削器」「敲石」の4種類。台形状剥片石器は母岩から剥(は)ぎ取った石片を使った小型のもので、切る、削る、突き刺すといった作業を行う道具とされる。尖頭状石器は先の尖(とが)った石器で、やりの先に付けたり、きりのように使われたりした。削器は掻器(そうき)やスクレイパーとも呼ばれ、獣の皮をはいだり、木や骨を削ったりする。敲石は、石器を作る際のハンマーのようなものと考えられている。このほか石器材料の石核や剥片、チップ(くず)なども確認されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ