ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

容疑者国選弁護制度

 預貯金の合計額が50万円以下などの経済的理由で私選弁護人を選任できない場合、起訴前の容疑者が裁判官に対して、国選弁護人の選任を請求することができる制度で2006年に導入された。起訴後の国選弁護とは異なり、対象は殺人、傷害致死など法定刑が死刑、無期懲役、1年以上の懲役もしくは禁固にあたる重大事件。弁護士報酬は日本司法支援センター(法テラス)を介して支払われる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ